ヨウコウ

Prunus campanulata 'yoko'

  • ヨウコウ
  • ヨウコウ
  • ヨウコウ
  • ヨウコウ
  • ヨウコウ
  • ヨウコウ
  • 花名
    ヨウコウ
  • 学名
    Prunus campanulata 'yoko'
  • 別名陽光, 陽光桜, Yoko zakura, ヨウコウザクラ
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 公園
  • 開花期3月, 4月

ヨウコウとは

ヨウコウ(陽光、学名:Prunus campanulata 'Yoko')とは、日本原産で、バラ科サクラ属の落葉中低木です。サトザクラ(里桜)のアマギヨシノ(天城吉野)とカンヒザクラ(寒緋桜)を交雑した園芸品種です。愛媛県の高岡正明氏により作出されました。ソメイヨシノ(染井吉野)より少し早く開花します。花は大輪、一重咲き、鮮桃色で、3~4個の花が下向きに付きます。開花は3月~4月です。

一般名:ヨウコウ(陽光)、学名:Prunus campanulata 'Yoko'、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属、別名:ヨウコウザクラ(陽光桜)、樹高:5~8m、葉形:楕円形、葉序:互生、花色:鮮やかな紅紫色、咲き方:一重咲き、花径:4~5cm、大輪、開花期:3月~4月、備考:てんぐ巣病や病害虫に強い。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • ヨウコウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉中低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ500.0 ~ 800.0 cm
  • 花径4.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花