ニワウメ

Prunus japonica

  • ニワウメ
  • ニワウメ
  • ニワウメ
  • ニワウメ
  • 花名
    ニワウメ
  • 学名
    Prunus japonica
  • 別名林生梅, 庭梅, Japanese bush cherry, Oriental bush cherry
  • 原産地中国
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月, 5月

ニワウメとは

ニワウメ(庭梅、学名:Prunus japonica)は、中国原産で、バラ科サクラ属の耐寒性低木です。良く分枝します。庭木として植えられます。
春に、葉が展開する前、または同時に、開花します。前年枝の葉腋から出た散形花序に梅に似た小花を1~3個付けます。花には花柄があり、白または薄桃色で、一重の五弁花です。
初夏に、球形の小さな果実が赤く熟し食べられます。核は薬用として使われます。
葉と果実からは染料採れ、葉からは緑色、果実からは緑色~灰色の染料が採れます。
庭梅は、ニワザクラ(庭桜、学名: Cerasus glandulosa)と似ています。

一般名:ニワウメ(庭梅)、学名:Prunus japonica、別名:コウメ(小梅)、林生梅(リンショウバイ)、Japanese bush cherry 、Oriental bush cherry、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科スモモ属ニワウメ種、原産地:中国、樹高: 1.5 m、樹幅:1.5 m、葉身長:5 cm、葉縁:重鋸歯、葉序:互生、花序:散形花序、花色:白・薄紅、花径:1.3 cm、花弁数:5、開花期:3月~5月、結実期:6月~7月、果実径:1~1.3 cm、果実形:球形、果実色:濃赤色、用途:庭木、染料、薬用。


  • バラ
  • バラ
  • スモモ
  • ニワウメ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性広葉落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ150.0 ~ 150.0 cm
  • 花径1.3 ~ 1.3 cm

ランダムな花