キツネノボタン

Ranunculus silerifolius

  • キツネノボタン
  • キツネノボタン
  • 花名
    キツネノボタン
  • 学名
    Ranunculus silerifolius
  • 別名
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国、インド、インドネシア、ブータン等の東アジア
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期5月, 6月, 7月

キツネノボタンとは

キツネノボタン(狐の牡丹、学名:Ranunculus silerifolius)は、日本、朝鮮半島、中国、インド、インドネシア、ブータン等の東アジア原産で、キンポウゲ科キンポウゲ属の野性の多年草です。日本全国の湿地に自生します。根生葉は3出複葉で互生します。春~夏に、葉腋から疎らな総状花序を伸ばし黄色い光沢のある5弁花を咲かせます。花後に金平糖状の集合果が成りますが、分果の先は外側にかぎ状に曲がります。キンポウゲ科なので有毒植物であり、液に触れると被れます。


  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • キンポウゲ
  • キツネノボタン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    3出複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草、野草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 80.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.5 cm

ランダムな花