クルメツツジ

Rhododendron obtusum var. sakamotoi

  • クルメツツジ
  • クルメツツジ
  • クルメツツジ
  • クルメツツジ
  • 花名
    クルメツツジ
  • 学名
    Rhododendron obtusum var. sakamotoi
  • 別名久留米躑躅, キリシマツツジ, 霧島躑躅
  • 原産地久留米(日本)
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月

クルメツツジとは

クルメツツジ(久留米躑躅、学名:Rhododendron obtusum var. sakamotoi)は、日本原産で、ツツジ(躑躅)の改良品種です。
江戸時代に久留米藩が作り出し、現在も久留米で作られています。ツツジの仲間では早く咲く品種です。

一般名:クルメツツジ(久留米躑躅)、学名:Rhododendron obtusum var. sakamotoi(ロドデンドロン)、
又名:キリシマツツジ(霧島躑躅)、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツツジ属ツツジ種、
原産地:日本、樹高:1〜1.5 m、生活型:半常緑低木、葉身長:2~3 cm、
放射相称花、合弁花類、花径:2~4 cm、花形:漏斗状で5深裂、開花期:4月〜5月、花色:赤・白・桃・紫、
花姿:一重・八重、果実型:蒴果、用途:街路樹、公園、庭園。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ツツジ
  • ツツジ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性低木
  • 花の色桃 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 150.0 cm
  • 花径2.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花