オオヤマツツジ

Rhododendron transiens

  • オオヤマツツジ
  • オオヤマツツジ
  • オオヤマツツジ
  • オオヤマツツジ
  • オオヤマツツジ
  • オオヤマツツジ
  • 花名
    オオヤマツツジ
  • 学名
    Rhododendron transiens
  • 別名Rhododendron transiens
  • 原産地日本
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉燃える思い

オオヤマツツジとは

オオヤマツツジ(大山躑躅、学名:Rhododendron transiens)は日本原産で、ツツジ科ツツジ属の常緑低木です。関東地方、岡山県、山口県の日当たりのよい山地斜面に自生する山躑躅の1種です。
春に枝先を伸ばし紅紫色で漏斗状の花を2,3輪咲かせます。花冠は5裂し、上の裂片内側に濃斑があります。園芸品種が多数あります。

一般名:オオヤマツツジ(大山躑躅)、学名:Rhododendron transiens、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツツジ属オオヤマツツジ種、原産地:日本、樹高:1〜2m、生活型:常緑低木、春葉は葉長:2-5 cmで狭楕円形、夏葉は葉長:1.5-3cmで卵形~披針形、葉縁:全縁、放射相称花、花径:5~6㎝、花形:漏斗状で5深裂、開花期:4月〜5月、花色:紅紫色、白などの単色と絞り、萼片:5枚、雄蕊数:5、果実型:蒴果、果実期:9~10月。用途:庭木、鉢植え


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ツツジ
  • オオヤマツツジ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑低木
  • 花の色紫 桃
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径5.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花