モミジイチゴ

Rubus palmatus

  • モミジイチゴ
  • モミジイチゴ
  • 花名
    モミジイチゴ
  • 学名
    Rubus palmatus
  • 別名Rubus palmatus, 紅葉苺, キイチゴ, 木苺, 黄苺
  • 原産地日本
  • 開花場所庭, 果樹園, 畑
  • 開花期4月

モミジイチゴとは

モミジイチゴ(紅葉苺、学名:Rubus palmatus)は、日本固有種で、バラ科キイチゴ属の落葉小低木です。本州の日当たりの良い林縁に自生します。葉が紅葉のような掌状をしているのが名前の由来です。花は白色で4月に下向きに咲きます。花後に黄色い食用となる果実が成ります。

一般名:モミジイチゴ(紅葉苺)、学名:Rubus palmatus、又名、キイチゴ(黄苺、黄苺)、生活型:常緑蔓性小低木、原産地:日本固有種、生息分布:本州、生活環境:日当たりの良い林縁、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科キイチゴ属ナガバモミジイチゴ属ナガバモミジイチゴ種モミジイチゴ変種、樹高:100~200 cm、葉形:卵形、葉長:7~15 cm、葉幅:2.5~4 cm、葉縁:鋸歯、葉序:互生、花序形:穂状花序、開花期:4月、花色:白、花弁数:5枚、花径:3cm、果実型:集合果、果実色(実際は花托色):黄、果実径:1~1.5 cm、果実期:6月~7月(黄熟)。


  • バラ
  • バラ
  • キイチゴ
  • ナガバモミジイチゴ種モミジイチゴ変種
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉小低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径3.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花