ルドベキア・ヒルタ

Rudbeckia hirta

  • ルドベキア・ヒルタ
  • ルドベキア・ヒルタ
  • ルドベキア・ヒルタ
  • ルドベキア・ヒルタ
  • ルドベキア・ヒルタ
  • ルドベキア・ヒルタ
  • 花名
    ルドベキア・ヒルタ
  • 学名
    Rudbeckia hirta
  • 別名アラゲハンゴンソウ, 荒毛反魂草, Rudbeckia hirta, Black-eyed-Susan
  • 原産地北米
  • 開花場所野原・畦道, 庭
  • 開花期7月, 8月

ルドベキア・ヒルタとは

ルドベキア・ヒルタ(Rudbeckia hirta、学名:Rudbeckia hirta)はキク科オオハンゴンソウ属の耐寒性多年草または一年草です。夏に黄色または橙色の花を咲かせます。花は中央にある花心が光沢のある褐色をしており、高く盛り上っています。茎が細長いので風で草姿が乱れやすく紐で括られている姿が見受けられます。

一般名:ルドベキア・ヒルタ(Rudbeckia hirta)、学名:Rudbeckia hirta(ルドベキア・ヒルタ)、別名:アラゲハンゴンソウ(荒毛反魂草)、マツカサギク(松笠菊)、Black-eyed-Susan、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科オオハンゴンソウ属、原産地:北米、草丈:40~90cm、根生葉:ヘラ型、葉形:菱形・披針形、花序:単頂花序、花冠形:頭花、花色:黄・橙、花径:6〜10cm、開花期:7月〜9月。


  • キク
  • キク
  • オオハンゴンソウ
  • アラゲハンゴンソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草または一年草
  • 花の色黄 橙
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 90.0 cm
  • 花径6.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花