ルドベキア・トリロバ

Rudbeckia triloba l.

  • ルドベキア・トリロバ
  • ルドベキア・トリロバ
  • ルドベキア・トリロバ
  • ルドベキア・トリロバ
  • 花名
    ルドベキア・トリロバ
  • 学名
    Rudbeckia triloba l.
  • 別名Rudbeckia triloba, triloba, ミツバオオハンゴンソウ
  • 原産地北米
  • 開花場所
  • 開花期7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月

ルドベキア・トリロバとは

ルドベキア・トリロバ(学名:Rudbeckia triloba)は、北米原産で、キク科ルドベキア属の2年生草本で帰化植物です。 長期間咲き続ける褐色の筒状花(花中央で円錐形に盛り上がった所)と 黄色い舌状花(花びら)から成る花を咲かせます。 茎下部にある葉が3枚に裂けていることから和名では、 ミツバオオハンゴンソウ(三つ葉大反魂草)、または、オオミツバハンゴンソウ(大三葉反魂草)とも呼ばれます。

一般名:ルドベキア・トリロバ(Rudbeckia triloba、学名:Rudbeckia triloba L.別名:ルドベキア・タカオ、ミツバオオハンゴンソウ(三つ葉大反魂草)、オオミツバハンゴンソウ(大三葉反魂草) 、Thin-leaved coneflower 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物網キク目キク科オオハンゴウソウ属(ルドベキア属)、原産地:北米、草丈:150 cm、特徴:葉が3枚に裂けている、開花期:7月~12月、花径:6~10 cm、花色:褐色(筒状花)、黄色(舌状花)。


  • キク
  • キク
  • オオハンゴンソウ
  • ルドベキア・トリロバ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    へら形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型二年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 150.0 cm
  • 花径6.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花