シダレヤナギ

Salix babylonica

無限花序(花は下から上へ咲く)、尾状花序

  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • シダレヤナギ
  • 花名
    シダレヤナギ
  • 学名
    Salix babylonica
  • 別名Weeping Willow, 枝垂れ柳, イトヤナギ, Babylon willow, 糸柳, Salix babylonica, 柳, ヤナギ
  • 原産地中国
  • 開花場所街路、植栽, 川・池
  • 開花期3月, 4月, 5月

シダレヤナギとは

シダレヤナギ(枝垂柳、学名:Salix babylonica)は、中国原産で、ヤナギ科ヤナギ属の落葉高木です。直立した幹から四方に細長い枝を垂れ下げ、涼しさを醸し出します。3月から5月に、葉の展開前に尾状花序に花を咲かせます。4月に風により花粉が飛散します。ドクダミトウダイグサと同様、花は花弁や萼が無い、いわゆる、「無花被花(achlamydeous flower)」、または裸花を咲かせます。

一般名:シダレヤナギ(枝垂柳)、学名:Salix babylonica、別名:Weeping Willow、Babylon willow、イトヤナギ(糸柳)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キントラノオ目ヤナギ科ヤナギ属シダレヤナギ種、原産地:中国、環境:湿地、生活型:落葉性高木、樹高:10-20 m、葉身:単葉、葉形:披針形、葉序:互生、托葉:有、葉柄:有、葉縁:鋸歯有、雌雄異株、花序の種類:無限花序(花は下から上へ咲く)、花序形:〇尾状花序(catkin)、花弁:無し、雄花:雄蕊だけ、雌花:雌蕊だけ、花径:0.4 cm、開花期:3月〜5月、果実:蒴果、種子:白い柳絮(毛)が有る、繁殖:虫媒花、風媒花、用途:街路樹、公園樹、庭樹、生け花材、細工用。


  • キントラノオ
  • ヤナギ
  • ヤナギ
  • シダレヤナギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    尾状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉性高木
  • 花の色薄黄 黄 緑
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1000.0 ~ 2000.0 cm
  • 花径0.4 ~ 0.4 cm

ランダムな花