ナミキソウ

Scutellaria strigillosa

  • ナミキソウ
  • ナミキソウ
  • ナミキソウ
  • ナミキソウ
  • ナミキソウ
  • ナミキソウ
  • 花名
    ナミキソウ
  • 学名
    Scutellaria strigillosa
  • 別名波来草
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所海岸
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月

ナミキソウとは

ナミキソウ (波来草、学名:Scutellaria strigillosa)は日本、朝鮮半島、中国原産でシソ科タツナミソウ属の多年草です。、夏に、海岸の砂地や後背部の草原に自生します。タツナミソウの仲間ですが穂状花序を成さず、花茎に対生して付く葉腋に1つずつ青紫色の口唇状の花を咲かせます。茎は四角形をしており、葉は先が丸みを帯びた長楕円形で葉縁に鋸歯があります。花や蕾、葉茎など全草に短い軟毛が生えています。花冠は上下の萼片から成り、下萼片は小皿のように平らで中央部が白っぽくなっています。和名は波が来る海岸で咲くことから付きました。

一般名:ナミキソウ波来草)、学名:Scutellaria strigillosa
分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科タツナミソウナミキソウ 種、原産地:日本、朝鮮半島、中国、分布:日本全国、草丈:10〜40cm、葉形:長楕円、葉長:2〜3cm、葉縁:鋸歯有、開花期:6月〜9月、花色:青紫、花長:2cm。


  • シソ
  • シソ
  • タツナミソウ
  • ナミキソウ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型海浜性の多年草
  • 花の色青 紫
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 40.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花