ハヤトウリ

Sechim edule

  • ハヤトウリ
  • ハヤトウリ
  • ハヤトウリ
  • ハヤトウリ
  • ハヤトウリ
  • ハヤトウリ
  • ハヤトウリ
  • ハヤトウリ
  • 花名
    ハヤトウリ
  • 学名
    Sechim edule
  • 別名センナリウリ, 隼人瓜, 千成瓜, チャーテ, チャヨテ, シャイヨット, Chayote, christophene, mirliton, vegetable pear
  • 原産地メキシコなど中央アメリカ
  • 開花場所
  • 開花期10月, 11月

ハヤトウリとは

ハヤトウリ(隼人瓜、学名:Sechim edule)とは、メキシコなど中央アメリカ原産で、ウリ科ハヤトウリ属の蔓性多年草の野菜です。果実を食用とします。10月〜霜の降りる頃まで薄黄色の五弁花が合着した独特の花を咲かせます。花後に成る果実は、表面が緑色または白っぽく洋梨形をしており包丁で簡単に切れます。果実の表面には柔らかい刺状の突起物があります。熱帯アメリカから、大正時代に日本の鹿児島県(隼人の国)に輸入されたのが花名の由来です。1本から多数の果実が収穫できるので、別名で、センナリウリ(千成瓜)とも呼ばれます。調理方法は、皮を剥いて酢の物や、漬物、煮物、炒め物にして食べます。食感はシャキシャキしていますが、味はヘチマ(糸瓜)に似ており、ヘチマ特有の癖がありますが、味は比較的淡白なので、調味料の味付けや一緒に使う素材の味が支配的になります。

一般名:ハヤトウリ(隼人瓜)、学名:Sechim edule、別名:センナリウリ(千成瓜)、チャーテ、christophene、mirliton、vegetable pear、チャヨテ、シャイヨット(Chayote、仏語)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ウリ目ウリ科ハヤトウリ属、原産地:メキシコなど中央アメリカ、雌雄同株、花色:薄黄、開花期:10月〜霜の降りる頃まで、結実期:10月〜11月、果実色:緑・白、果実形:洋梨形、果実長:7.5-10cm


  • ウリ
  • ウリ
  • ハヤトウリ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    高杯形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    欠刻状
  • 生活型蔓性多年草の野菜
  • 花の色白 薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ ~ cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花