ゴマ

Sesamum indicum

  • ゴマ
  • ゴマ
  • ゴマ
  • ゴマ
  • ゴマ
  • ゴマ
  • 花名
    ゴマ
  • 学名
    Sesamum indicum
  • 別名Sesame, セサミ, 胡麻
  • 原産地アフリカやインド
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月

ゴマとは

ゴマ(胡麻、学名:Sesamum indicum L.)はアフリカやインド原産でゴマ科の一年草です。草丈は100cm程で、夏に薄紫色や、白、薄桃色の花を咲かせます。畑で栽培されます。花後に鞘がなり中に多数の種子(胡麻)ができます。ゴマには、蛋白質、食物繊維、ビタミンA、ビタミンB群、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などが含まれます。種皮が黒い胡麻「黒胡麻」や、白い白胡麻、黄色い金胡麻がありますが栄養価はほぼ同じです。煎ったり、擂り潰したり、油を採って食用とします。主な産地は、喜界島(鹿児島県)です。

一般名:ゴマ(胡麻) 、 
学名:Sesamum indicum L. 、別名:Sesame(セサミ) 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目ゴマ科ゴマ属、 原産地:アフリカのサバンナ、生活型:一年草、草丈:100cm、花色:薄紫色・白・薄桃色、 開花期:5月~6月、収穫期:8月~9月、用途:食用(ごま油、スリ胡麻など)、食用とする部位:種子


  • シソ
  • ゴマ
  • ゴマ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    羽状形
  • 葉縁
  • 生活型一年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 100.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花