ハナビラタケ

Sparassis crispa

  • ハナビラタケ
  • ハナビラタケ
  • 花名
    ハナビラタケ
  • 学名
    Sparassis crispa
  • 別名カラマツマイタケ, 花弁茸, 唐松舞茸, Cauliflower fungus, Sparassis crispa, Hanabiratake
  • 原産地栽培品種
  • 開花場所温室
  • 開花期

ハナビラタケとは

ハナビラタケ(花弁茸、学名:Sparassis crispa)は、タマチョレイタケ目ハナビラタケ科ハナビラタケ属のキノコです。主に、カラマツや、トドマツ、モミやツガなどの針葉樹に自生します。原種は三輪山に自生しますが、栽培品種が食用キノコとして販売されています。白い花びらが集まったような形をしています。味はさほどありません。珍しいキノコで、スーパーなどでは普通販売されていません。

一般名:ハナビラタケ(花弁茸)、学名:Sparassis crispa 、別名:カラマツマイタケ(唐松舞茸)、Hanabiratake、cauliflower mushroom、分類名:後方鞭毛生物界担子菌門ハラタケ綱タマチョレイタケ目ハナビラタケ科ハナビラタケ属、分布:栽培品種(三輪山)、全体の形:花びら状、色:白~薄黄、全体の大きさ:15~30cm、花弁:茸なので胞子はあるが無花弁、収穫期:一年中(栽培品種)。


  • タマチョレイタケ
  • ハナビラタケ
  • ハナビラタケ
  • ハナビラタケ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    その他
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    その他
  • 葉縁
    その他
  • 生活型
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ ~ cm
  • 花径15.0 ~ 30.0 cm

ランダムな花