シコタンハコベ

Stellaraia ruscifolia

  • シコタンハコベ
  • シコタンハコベ
  • 花名
    シコタンハコベ
  • 学名
    Stellaraia ruscifolia
  • 別名ネムロハコベ, 色丹繁縷, Circumpolar starwort, 根室繁縷
  • 原産地日本、アラスカ
  • 開花場所高山, 亜高山, 北海道
  • 開花期5月, 6月, 7月

シコタンハコベとは

シコタンハコベ(色丹繁縷、学名:Stellaraia ruscifolia)は北海道~本州中部の日本、アラスカ原産でナデシコ科ハコベ属の高山性多年草です。高山の砂礫で咲いています。和名は、色丹島で最初に発見されたことに拠ります。弁の各花弁の中央部は2深裂しているので10弁花のように見えます。春~夏に、茎頂に緑白色の小花を咲かせます。葯は赤いです。

一般名:シコタンハコベ(色丹繁縷)、学名:Stellaraia ruscifo、別名:Circumpolar starwort、ネムロハコベ、生息分布:北海道~本州中部の日本、アラスカ、環境:亜高山~高山の砂礫、生活型:高山性多年草、草丈:10~20cm、葉形:卵形~広披針形、葉序:互生、葉色:薄緑色、花序形:岐散花序、開花期:5月~7月、花色:緑白色、花弁数:5、花径:1.5~2 cm、葯色:赤、用途:ロックガーデン、鉢植え。


  • ナデシコ
  • ナデシコ
  • ハコベ
  • シコタンハコベ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    多散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型高山性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 20.0 cm
  • 花径1.5 ~ 2.0 cm

ランダムな花