ピンクテコマ

Tabebuia rosea

  • ピンクテコマ
  • ピンクテコマ
  • ピンクテコマ
  • ピンクテコマ
  • ピンクテコマ
  • ピンクテコマ
  • ピンクテコマ
  • ピンクテコマ
  • 花名
    ピンクテコマ
  • 学名
    Tabebuia rosea
  • 別名Pink tecoma, タベブイア, Tecoma tree, Tabebuia, ピンク・テコマ
  • 原産地熱帯アメリカ
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期6月, 7月, 8月

ピンクテコマとは

ピンク・テコマ(Pink tecoma、学名:Tabebuia rosea)とは、熱帯アメリカ原産で、ノウゼンカズラタベブイア属の落葉高木です。花名から類推できるように桃色の皺々した花を木一杯に咲かせます。花弁は桃色で中央が黄色い。葉は皮質で光沢のある緑色をしています。 別名で、キダチベニノウゼン(木立紅ノウゼン)、Tecoma tree(テコマ・ツリー)、タベブイア(Tabebuia)、Pink Poui Tree とも呼ばれます。花後、インゲンのようなサヤ(莢)が垂れ下がります。熱帯地方では街路樹とされており樹皮は薬用とされます。同属にキバナ・イペーがあります。

一般名:ピンク・テコマ(Pink tecoma) 、学名:Tabebuia rosea、シノニムス:Tabebuia pentaphylla、別名:モモイロノウゼン(桃色ノウゼン)、キダチベニノウゼン(木立紅ノウゼン)、Tecoma tree(テコマ・ツリー)、 タベブイア(Tabebuia)、Pink Poui Tree 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目ノウゼンカズラ科タベブイア属 、原産地:熱帯アメリカ 、樹高:15m、葉色:皮質で光沢のある緑、花形:浅いラッパ状、花弁色:桃、筒内部色:黄、花径:5~6cm、開花期:6~8月。


  • シソ
  • ノウゼンカズラ
  • タベブイア
  • ピンク・テコマ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    羽状複葉
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ1000.0 ~ 1500.0 cm
  • 花径5.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花