ケホシダ

Thelypteris parasitica

  • ケホシダ
  • ケホシダ
  • 花名
    ケホシダ
  • 学名
    Thelypteris parasitica
  • 別名毛穂羊歯
  • 原産地朝鮮、中国、台湾、南アジア、日本
  • 開花場所野原・畦道, 低山
  • 開花期

ケホシダとは

ケホシダ(毛穂羊歯、学名:Thelypteris parasitica)は朝鮮、中国、台湾、南アジア、日本等が原産で、ヒメシダ科ヒメシダ属の常緑性匍匐シダです。全体的に半透明の毛が有り、ホシダ(穂羊歯、学名:Thelypteris acuminata)より毛深く、葉が柔らかい。日本では本州、四国、九州、沖縄諸島に分布します。

一般名:ケホシダ(毛穂羊歯)、
学名: Thelypteris parasitica、
シノニム: Cyclosorus parasiticus 、
原産地:、生息分布:山地や路傍、
生活型:常緑シダ、草丈:50~100cm、葉長:30~50cm、葉形:2回羽状中裂、ソーラス:円形


  • ウラボシ
  • ヒメシダ
  • ヒメシダ
  • 花のタイプ
  • 花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    2回羽状複葉
  • 葉縁
  • 生活型常緑性匍匐シダ
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 100.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花