キソウテンガイ

Welwitschia mirabilis

ナミンビアの国花。和名が奇想天外

  • キソウテンガイ
  • キソウテンガイ
  • キソウテンガイ
  • キソウテンガイ
  • 花名
    キソウテンガイ
  • 学名
    Welwitschia mirabilis
  • 別名奇想天外, ウェルウィッチア, Welwitschia, サバクオモト, 砂漠万年青
  • 原産地ナミビア~アンゴラ南部のナミブ砂漠(アフリカ)
  • 開花場所植物園, 特定の地域
  • 開花期5月, 6月, 7月

キソウテンガイとは

キソウテンガイ(奇想天外、学名:Welwitschia mirabilis )は、アフリカ・ナミブ砂漠の固有種で、 ウェルウィッチア科ウェルウィッチア属の裸子植物です。本種だけで、1科1属1種を構成します。ナミビアの国花です。葉は生涯に2枚しか出さず、一生延び続けます。雌雄異株で、雌花、雄花ともに松笠状をしています。花は葉腋に穂状に付きます。日中は極暑で、降水量が極少の砂漠地帯を生き延びるために植物には重要な工夫がされています。葉のクチクラ層が厚く、葉両面に気孔があることで、大気中の湿気(霧)を吸収します。主根とスポンジ状(海綿状)の支根が広範囲に広がり、根から地下水を吸い上げると共に葉を冷やしています。寿命が長い植物で2,000年生きるとされます。植物名は、1859年9月3日に本草を発見したオーストリアの探検家 Friedrich Welwitsch の人名に拠ります。奇想天外という和名は、石田兼六氏によって1936年に付けられました。

一般名:キソウテンガイ(奇想天外)、学名:Welwitschia mirabilis 、国花:ナミビア、別名:ウェルウィッチア(Welwitschia)、サバクオモト(砂漠万年青)、分類名:植物界裸子植物門グネツム綱グネツム目ウェルウィッチア科ウェルウィッチア属、原産地:ナミビア~アンゴラ南部のナミブ砂漠(アフリカ)、草丈:150 cm、葉幅:150 cm、葉長:700 cm。 


  • グネツム
  • ウェルウィッチア
  • ウェルウィッチア
  • キソウテンガイ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型裸子植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 150.0 cm
  • 花径2.0 ~ 8.0 cm

ランダムな花