アツバキミガヨラン

Yucca gloriosa

  • アツバキミガヨラン
  • アツバキミガヨラン
  • アツバキミガヨラン
  • アツバキミガヨラン
  • アツバキミガヨラン
  • アツバキミガヨラン
  • 花名
    アツバキミガヨラン
  • 学名
    Yucca gloriosa
  • 別名Yucca gloriosa, ユッカラン, グロリオサ
  • 原産地北米
  • 開花場所庭, 植物園
  • 開花期5月, 6月, 9月, 10月, 11月
  • 花言葉颯爽とした

アツバキミガヨランとは

アツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭、学名:Yucca gloriosa)は、北米原産でキジカクシ科ユッカ属の耐寒性常緑低木です。現地では砂漠地帯に自生します。細長く鋭利な刀状の葉が多数集合して放射状に広がります。叢生した葉の中心から長い花茎が真っ直ぐに伸びて分枝します。分枝した各枝から円錐花序を出し多数の大きな下向きで白~薄黄色の釣鐘型の花を咲かせます。花が多くて重過ぎるためか花茎は傾いています。春と秋に2度咲きします。現地ではユッカ蛾による中媒花で繁殖しますが、日本にはいないので株分けで繁殖させます。学名の種小名 "gloriosa"は、「立派な」という意味です。ユッカ属には、このアツバキミガヨラン(Y. gloriosa)の他にキミガヨラン(君が代蘭、学名:Yucca recurvifolia )があります。両者を比較すると、アツバキミガヨラン(Y.gloriosa)の背は低く葉が厚く硬い。キミガヨラン(Y. recurvifolia )は背が高く葉が少し柔らかい。 開花時期は、アツバキミガヨラン(Y. gloriosa)は春と秋の2度咲き、春咲く花は白く、秋咲く花は淡紅色を帯びています。 キミガヨラン(Y. recurvifolia )は夏から秋に咲きます。花言葉は「颯爽とした」。

一般名:アツバキミガヨラン(厚葉君が代蘭)、学名:Yucca gloriosa(ユッカ・グロリオサ)、別名:Yucca gloriosa(ユッカ・グロリオサ)、Spanish dagger、ユッカラン(Yucca蘭) 、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目キジカクシ科ユッカ属(イトラン属)アツバキミガヨラン種 、原産地:北米、環境:砂漠地帯 、生活型:耐寒性常緑低木、樹高:100~150 cm、立ち姿:直立、茎:太い、葉形:剣状、葉質:厚く硬い、葉長:50 cm、葉幅:3 cm、花茎長:50~100 cm、花序形:円錐花序、開花期:5月~6月、9月~11月の年2回、花色:白、小花形:釣鐘状。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • ユッカ
  • アツバキミガヨラン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型耐寒性常緑低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 150.0 cm
  • 花径5.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花