世界の国花シリーズ ID インドネシア

世界の国花シリーズID インドネシア共和国 かぎけん花図鑑花日記2022年6月6日

インドネシア共和国の国花は、
マツリカ(茉莉花)
コチョウラン(胡蝶蘭)
ラフレシア(Rafflesia)
ショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻
と多数あります。

●マツリカ(茉莉花、学名:Jasmimum sambac)は、ヒマラヤ~アラビア原産で、モクセイ科ソケイ属の熱帯性蔓性常緑低木です。別名で、ジャスミン(Jasmimum)や、ソケイ(素馨)、アラビアジャスミン、PIKAKE(ハワイ名)とも呼ばれます。
●コチョウラン(胡蝶蘭、学名:Phalaenopsis aphrodite)とは、フィリピンやマレーシア、インドネシア等の東南アジアの熱帯地域原産で、ラン科ファレノプシス属の非耐寒性多年草です。別名で、ファレノプシス(Phalaenopsis)、moth orchid(モスオーキッド)、ファン、ファレノと呼ばれます。
●ラフレシア・アルノルディー(学名:Rafflesia arnoldii)は、スマトラ原産でラフレシア科ラフレシア属の全寄生植物です。世界最大級の花を咲かせます。ラフレシアの内、最大の花を咲かせるのがラフレシア・アーノルディー(Rafflesia arnoldii)で、これを主にラフレシア(Rafflesia)と言います。
●ショクダイオオコンニャク(燭台大蒟蒻、学名:Amorphophallus titanum)は、インドネシアやスマトラ島原産で、サトイモ科コンニャク属の多年草です。別名で、スマトラ大蒟蒻や、学名のTitanarumで呼ばれます。

インドネシア共和国 (日本語)、 Indonesia(English)、印度尼西亚(Chinese)、 ID

■関連ページ
特集 世界の国花特集 世界の国花 Classic

  • マツリカ
  • マツリカ
  • マツリカ
  • マツリカ

他の記事