山菜の代表、万葉集草木シリーズ20.ワラビ

万葉集草木シリーズ20.ワラビ

ワラビ(蕨蕨、学名:Pteridium aquilinum)は、日本などの温帯地方〜熱帯地方原産で、コバノイシカグマ科ワラビ属のシダ類の多年草です。山野に自生します。シダ植物なので花弁は無く、胞子があります。春に出る芽は葉先が巻いています。花言葉は「不変の愛」。
万葉集ではワラビの歌が1首が詠まれています。俳句には、季語を1つ入れて、2つ入れてはいけないと言うルールがありますが、短歌の場合は、主に心情をうたうので、季語は無くても良いし、逆に2つあっても良いというようにルールは大らかです。

ワラビ万葉集の巻と作者


第八巻:1418 志貴皇子(しきのみこ)懽御歌一首 万葉名:わらび

【原文】


石激 垂見之上乃 左和良妣乃 毛要出春尓 成来鴨

【読み】


いわ(石)ばしる(激) たるみ(垂見)の(之)うえ(上)の(乃) さわらび(左和良妣)の(乃) もえ(毛要)いずる(出)はる(春)に(尓)なりに(成)ける(来)かも(鴨)

【意味】


岩の上を迸る 滝の上の早蕨が 新芽を出す春に 成ったことだなあ

詳しくはこちら ... 以下本文に続く

■関連ページ
山菜の代表、万葉集草木シリーズ20.ワラビ かぎけん花図鑑 花日記2023年1月6日
特集 万葉集でよまれた草木

  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ
  • ワラビ

他の記事