かぎけん花図鑑

レプトテス・ビカラー

基本情報
花名
レプトテス・ビカラー
英名
Leptotes bicolor
学名
Leptotes bicolor
別名
Leptotes bicolor
原産地
ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンなどの南米
生活型
多年草
コメント
レプトテス・ビカラー(学名:Leptotes bicolor)は、南米原産で、ラン科の着生ランです。カトレヤの近縁で、匍匐茎、または、球茎があります。属名のレプトテスとは、ギリシャ語で、繊細という意味ですが、その名の通り、花や葉は細いです。葉は棒状で多肉質です。花は、細長い白弁に薄紅紫のリップのものが出回っています。
一般名:レプトテス・ビカラー(Leptotes bicolor)、学名:Leptotes bicolor、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科レプトテス属、原産地:ブラジル、パラグアイ、アルゼンチンなどの南米、草丈:5〜7cm、花色:白〜桃、花径:3〜5cm
詳細情報
キジカクシ
ラン
レプトテス
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
波状
鑑賞場所
温室
ピンク, 白
開花時期
高さ
5  ~ 7  [cm]
花径
3  ~ 5