ロベリア

  • ロベリア _img_0
    ロベリア @ 浜名湖花博2004
  • ロベリア _img_1
    ロベリア @ 麹町
  • ロベリア _img_2
    ロベリア @ 浜名湖花博2004
  • ロベリア _img_3
    リビエラローズ
    ロベリア @ 浜名湖花博2004
  • ロベリア _img_4
    ロベリア @ 京都府立植物園

基本情報

花名
ロベリア
英名
Garden lobelia
学名
Lobelia erinus
別名
ルリチョウソウ, Lobelia, 瑠璃蝶草, Lobelia erinus, ルリチョウチョウ, 瑠璃溝隠, ロベリア エリヌス, Edging Lobelia, garden lobelia, trailing lobelia, ルリミゾカクシ
原産地
南アフリカ、ナンビア、マラウィのアフリカ南部
生活型
非耐寒性常緑一年草

コメント

ロベリア とは

ロベリア(Lobelia、学名:Lobelia erinus)は、マラウィイ、ナンビア、南アフリカ原産で、キキョウ科ミゾカクシ属の非耐寒性常緑一年草です。良く分枝する細い茎間から出た円錐花序に唇形で菫に似た小花を沢山咲かせます。立性と匍匐性の品種があります。
属名の「Lobelia」は、ベルギーの植物学者「マティアス・デ・ロベル(Matthias de l’Obe)」への献名です。種小名の「erinus」は「erinos」(正体不明の植物)から派生した新ラテン語のようです。
和名の「ルリミゾカクシ(瑠璃溝隠)」は、代表色の瑠璃色(濃青紫色)をした花が溝を埋め尽くすほど密生して咲くことに因ります。
同属に、ロベリア ・リチャードソニー(Lobelia richardsonii)や、サワギキョウ(沢桔梗、学名:Lobelia sessilifolia)、ベニバナサワギキョウ(紅花沢桔梗)などがあります。

一般名:ロベリア(Lobelia) 、学名:Lobelia erinus、別名:ルリミゾカクシ(瑠璃溝隠)、ルリチョウソウ(瑠璃蝶草)、ルリチョウチョウ(瑠璃蝶々)、エッジング ロベリア(Edging Lobelia)、garden lobelia 、trailing lobelia、ロベリア エリヌス( Lobelia erinus)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キキョウ科ミゾカクシ属(ロベリア属)、原産地:南アフリカ、生活型:多年草/日本では園芸上一年草として扱う、草丈:10〜15 cm、葉形:楕円形、葉縁:鋸歯有、葉長:10cm、葉幅:0.6cm、左右相称花、花序:円錐花序、花径:2 cm、花冠:唇形、花弁数:5弁で上2弁は左右に分かれ、下3弁の基部は合着。花色:青・紫、園芸品種には白・桃、開花期:4月~6月、果実:蒴果、果実長:0.7 cm、種子数:多数、用途:ハンギングバスケット、花壇、備考:有毒植物。

詳細情報

キク
キキョウ
ミゾカクシ
ルリミゾカクシ
花言葉
「謙遜」 / Accomplishment (07月05日, 10月30日)
花のタイプ
左右相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
植物園
ピンク, 青, 紫, 白
開花時期
4月5月6月7月
高さ
10 ~ 15 [cm]
花径
1 ~ 2

アクセスランキング(日別)

ヒメヒオウギズイセン_img
ネズミモチ_img
オウコチョウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

ヒメヒオウギズイセン_img
クフェア・ヒッソピフォリア_img
ヤブマメ_img
アメリカデイゴ_img
ベニカタバミ_img
椿 さつま_img
デルフィニウム・マジック・ファウンテン_img
山紫陽花 '伊豆の華'_img
ホオベニエニシダ_img
ハイビスカス_img
ギンヨウセンネンボク_img
ライムポトス_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved