かぎけん花図鑑

コマツナ

基本情報
花名
コマツナ
英名
Komatsuna
学名
Brassica rapa var. perviridis
別名
Japanese Mustard Spinach, Komatsuna, Turnip leaf, 小松菜
原産地
品種改良種
生活型
一年草、野菜
コメント
コマツナ(小松菜、学名:Brassica rapa var. perviridis)は東京の小松川原産で、アブラナ科アブラナ属の一年草です。春に花茎から伸びた総状花序に小さな黄色い4弁花を咲かせます。非結球で葉柄と葉が食用となる葉野菜です。旬が冬となる冬野菜です。花名は品種改良した小松川という地名に拠ります。ホウレンソウと似ていますが、ホウレンソウよりアクが少なく、味は淡白です。料理ではお浸し、味噌汁、炒め物などで使います。栄養分は、ビタミンÅや、カルシウム、鉄分が含まれます。
一般名:コマツナ(小松菜)、学名:Brassica rapa var. perviridis、別名:Komatsuna、Japanese Mustard Spinach、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アブラナ目アブラナ科アブラナ属ラパ種コマツナ変種、原産地:日本東京の小松川、品種改良種、生活型:一年草、用途:野菜、使用する部分:葉茎、栽培高さ:20~25cm、葉形:倒卵形、葉縁:全縁、葉序;互生、花序形:総状花序、開花期:4月、花色:黄色、花径:1.5~2.5cm、花冠:4弁花、植付け期:3月~11月、収穫期:4月~翌年1月、葉色:緑色、旬:冬(通年栽培)、品種:裕次郎、楽天など。
詳細情報
アブラナ
アブラナ
アブラナ
ラパ種コマツナ変種
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
4月
高さ
20  ~ 25  [cm]
花径
1.5  ~ 2.5