フィカス・バリエガタ

  • フィカス・バリエガタ_img_0
    フィカス・バリエガタ @ シンガポール植物園
  • フィカス・バリエガタ_img_1
    フィカス・バリエガタ @ シンガポール植物園
  • フィカス・バリエガタ_img_2
    フィカス・バリエガタ @ シンガポール植物園

基本情報

花名
フィカス・バリエガタ
英名
Ficus variegata
学名
Ficus variegata
別名
Ficus variegata, green fruited fig, variegated fig, common red stem fig, 杂色榕, クビナガイチジク
原産地
インド、中国南部、インドネシア、マレーシアの熱帯地方
生活型
落葉高木

コメント

フィカス・バリエガタとは

フィカス・バリエガタ(学名:Ficus variegata)は、インド、中国南部、インドネシア、マレーシアの熱帯地方原産で、クワ科イチジク属の落葉高木です。熱帯地域の多湿な森林に自生します。幹は薄灰褐色で、葉は心臓形をした緑色です。 樹幹に直接小さな果実(花嚢→果嚢)が束生して付きます。イチジク属なので、花はイチジク(無花果) と同様、花嚢(果実)の中に数100個の極小の花を咲かせます。受粉には、共生するイチジクコバチが関係します。小さな果実を2つに切るとイチジクの果実と同様の形をしています。果実は、最初緑色であったものが熟すと赤くなります。果実は食べられますが味が無いので人間の食用とはせず、家畜や野生の猿、野鳥の餌とされます。昔、産地では幹を布や紙の材料としたり、幹と果実を赤痢の薬としましたが、現在は小さな可愛い果実が付く樹木を観賞用にします。フィカス属の仲間には、フィカス・キアティス(学名:Ficus cyathistipula)などがあり、代表品種はイチジク(無花果)です。

一般名:フィカス・バリエガタ(Ficus variegata)、学名:Ficus variegata、原産地:インド、中国南部、インドネシア、マレーシアの熱帯地方、生息環境:多湿な森林、別名:Common Red Stem fig(コモン・レッド・ステム・フィグ)、green fruited fig、variegated fig、杂色榕(中国語)、クビナガイチジク(首長無花果)、コニシイヌビワ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目クワ科イチジク属(フィカス属)、生活型:落葉高木、樹皮色:薄灰褐色、樹高:10 m、葉色:緑、葉形:心形、雌雄異株、開花時期:周年、花序形:隠頭花序、花色:薄黄、花弁:無、花径:1 cm、果実色:緑→赤、用途:観葉植物、布・紙(樹皮)、赤痢の薬(樹皮と果実から)、家畜や野生の猿、野鳥の食べ物(果実)、特記:イチジクコバチと共生、備考:水と日光を好む

詳細情報

バラ
クワ
イチジク
フィカス・バリエガタ
花言葉
永遠の幸福 / Eternal happiness ()
花のタイプ
その他
花の配列
イチジク型花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
クリーム
開花時期
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
高さ
1000 ~ 1000 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ディエテス・ビコロル_img
オウコチョウ_img
タンゲマル_img

ランダムな花

ハクサンイチゲ_img
ルコウソウ_img
カラテア・バルセビッチ_img
ツヅラフジ_img
山紫陽花 '菊咲七段花'_img
タツナミソウ_img
ハクウンボク_img
サワフタギ_img
ゴマギク_img
ナギイカダ_img
アキニレ_img
ヒルガオ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved