かぎけん花図鑑

フシグロセンノウ

基本情報
花名
フシグロセンノウ
英名
Fushiguro-sennou
学名
Lychnis miqueliana
別名
節黒仙翁, オウサカバナ, 逢坂花, Fushiguro-sennou, Lychnis miqeliana
原産地
日本
生活型
多年草
コメント
フシグロセンノウ(節黒仙翁、学名:Lychnis miqueliana)は、日本固有種でナデシコ科センノウ属の多年草です。夏から秋、山地の林下に自生します。茎は直立し上部で分枝します。節が紫黒色で膨らんでいることが特徴です。葉は卵形または楕円状で先端が尖り、茎に対生に付きます。茎頂に複数個の朱赤の五弁花を上向きに平開させて咲かせます。花弁の各上に2枚の小輪片が乗っています。萼は長円筒状をしています。花名の由来のセンノウとは仙翁寺(せんのうじ)に栽培種が多くあったこと、フシグロとは茎の節が黒いことに拠ります。花言葉は「恋のときめき」。
■以下にセンノウ(仙翁)の仲間をご紹介します。
エンビセンノウ(燕尾仙翁、学名:Lychnis wilfordi)マツモトセンノウ(松本仙翁、学名:Lychnis sieboldii)センジュガンピ(千手岩菲、学名:Lychnis gracillima)フシグロセンノウ(節黒仙翁、学名:Lychnis miqueliana)
一般名:フシグロセンノウ(節黒仙翁) 、学名:Lychnis miqueliana 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ナデシコ科センノウ属フシグロセンノウ種、別名:オウサカバナ(逢坂花)、原産地:日本、生息分布:本州〜四国、九州、生活環境:山地の林下、生活型:多年草、茎:直立し上部で分枝、節:紫黒色で膨らむ、草丈:50〜90cm、葉形:卵形〜楕円状で先端が尖る、葉序:対生、葉長:5cm、葉幅:3cm、花長:3cm、開花期:7月〜10月、花色:朱赤、花弁数:5枚で各2枚の小輪片が乗る、花の咲く場所:茎頂、花の咲き方:平開、花のつき方:茎頂に複数個、萼形:長円筒状。
詳細情報
ナデシコ
ナデシコ
センノウ
フシグロセンノウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
低山
開花時期
7月 8月 9月 10月
高さ
50  ~ 90  [cm]
花径
3  ~ 3