かぎけん花図鑑

テーダマツ

基本情報
花名
テーダマツ
英名
Loblolly Pine
学名
Pinus taeda
別名
タエダマツ, Loblolly Pine, Taeda松
原産地
アメリカ東海岸
生活型
常緑高木針葉樹
コメント
テーダマツ(taeda松、学名:Pinus taeda)とは、アメリカ東海岸原産でマツ属の常緑高木針葉樹です。低湿地を好む雌雄同株のマツです。三針葉マツの一つで針葉3枚が根元で合体し束生します。アカマツ(赤松)に似ていますが、アカマツより木や葉長、松毬が大きく、樹脂が多いです。
一般名:テーダマツ(taeda松)、学名:Pinus taeda、別名:Loblolly Pine、分類名:植物界裸子植物門マツ亜門マツマツ亜綱マツマツマツ属テーダマツ種 、原産地:アメリカ東海岸、生息分布:低湿地 、生活型:常緑針葉樹の高木、樹高:30~35m、樹皮:暗褐色、三針葉マツ、三葉の付き方:3個束生、葉身長:15~20cm、葉形:針状、雄同株、雄花:穂先に尾状花序、緑→薄黄、2~4cm / 雌花:枝、卵形、緑→紫、1cm / 開花期:4月~5月、花弁数:0、結実期:春、果実形:細長い円錐形で棘有・4個ほどが一緒に付く、果実型:球果、果実長:10cm、果実色:褐色、用途:街路樹、木材、パルプ、樹脂から松脂。
詳細情報
マツ
マツ
マツ
テーダマツ
花のタイプ
その他
花の配列
尾状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園 街路、植栽
緑, 紫, クリーム
開花時期
4月 5月
高さ
3000  ~ 3500  [cm]
花径
2  ~ 4