マツ

  • マツ_img_0
    マツ @ 京都動物園
  • マツ_img_1
    マツ @ 京都動物園
  • マツ_img_2
    マツ @ 京都動物園
  • マツ_img_3
    クロマツ
    マツ @ 皇居
  • マツ_img_4
    タカネゴヨウ
    マツ @ 東京都薬用植物園
  • マツ_img_5
    マツ @ 木場公園

基本情報

花名
マツ
英名
Pine
学名
Pinus
別名
Japanese Pine, 松
原産地
北半球
生活型
常緑針葉樹

コメント

マツとは

マツ(学名:Pinus)は、日本など北半球原産でマツ科の常緑針葉樹です。針葉樹とは、主に北半球に分布し、葉による熱の発散を防ぐため、葉形を針のように細くした樹木です。松の葉は、1ヶ所に2〜5枚が束となって枝に付き(束成し)ますが、数年経つと枝から離れて落下します。花は雌雄異花で、1つ株に雄蕊だけの雄花と、雌蕊だけの雌花を咲かせます。果実は球形をしており、マツボックリ(マツカサ)となります。松毬の間にある薄黄の小さな鱗片を取り出したものが、松の実で、黒松や赤松のものは小さ過ぎて使われません。松を傷つけると松脂が取れますが、時を経ると固まってコハク(琥珀)になります。琥珀は、宝飾品となりますが、映画「ジュラシックパーク」では昆虫が閉じ込められていたので覚えておられる映画ファン方も多いことでしょう。赤松林には、松茸がなります。日本では、古代から親しまれている樹木であり、歌舞で謳われたり、伝統芸の道具立てにも使われます。

一般名:マツ(松)、学名:Pinus、又名:Japanese Pine、分類名:植物界裸子植物マツ亜門マツ綱マツ亜綱マツ目マツ科マツ属、
樹高:5~50m、雌雄同株、雌雄異花、花序形:毬状花序、雄花序径:5cm、花色:紫色、雌花花序径:0.5cm、開花期:4月~5月、マツボックリ径:4~15cm、用途:庭木、盆栽、コニファー。

●マツ科の植物
マツ科には、マツ属やモミ属、カラマツ属、アブラスギ属、トウヒ属、トガサワラ属、ツガ属等があります。その内、

マツ属には、アカマツクロマツハイマツテーダマツストローブマツゴヨウマツタギョウショウタカネゴヨウ等があります。

亜属で分類すると、複維管束亜属のニヨウマツ(ニ葉松)類と、単維管束亜属のゴヨウマツ(五葉松)類があります。

★ニ葉松類には、アカマツ(赤松)や、クロマツ(黒松)、リュウキュウマツ(琉球松)が入ります。
★五葉松類には、ハイマツ(這松)、チョウセンゴヨウ(朝鮮五葉)、ヤクタネゴヨウ、キタゴヨウ(北五葉)などがあります。
★チョウセンゴヨウ(朝鮮五葉)は松の実採取のために植樹され、種子の殻を割って中の胚乳を食用とします。
★トウヒ属には、エゾマツ(蝦夷松)があり、カラマツ属にはカラマツ(唐松)、ヒマヤラスギ属にはヒマラヤスギ(ヒマラヤ杉、別名:ヒマラヤシダー)があります。モミ属には、モミ(樅)や、トドマツ、ウラジロモミ(ニッコウモミ)、シラビソ(白檜曽)などがあります。★ツガ属には、ツガ(栂)や、ヒメツガ(姫栂)があります。トダサワラ属にはダサワラがあります。

詳細情報

マツ
マツ
マツ
マツ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
毬状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
海岸墓地・寺院公園盆栽観葉植物
開花時期
4月5月
高さ
50 ~ 5000 [cm]
花径
0.5 ~ 5

アクセスランキング(日別)

カルミア・ラティフォリア_img
オウコチョウ_img
ウマノアシガタ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ウシノシタ_img
チランジア・ストリクタ_img
ヒルザキツキミソウ_img
ハハコグサ_img
ストロファンツス・グラツス_img
アキカラマツ_img
アズキ_img
ヒシモドキ_img
デンジソウ_img
ミヤマキンポウゲ_img
シャムソケイ_img
ケショウボク_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved