かぎけん花図鑑

スイスチャード

基本情報
花名
スイスチャード
英名
Swiss chard
学名
Beta vulgaris var. cicla
別名
セイヨウフダンソウ, リーフビート, 西洋不断草, leaf beet, Swiss chard
原産地
南ヨーロッパ~トルコ
生活型
耐寒性越年草の野菜
コメント
スイスチャード(Swiss chard、学名:Beta vulgaris var. cicla)は、南ヨーロッパ~トルコ原産でアカザ科フダンソウ属スイスチャード種の耐寒性一・二年草の野菜です。 彩りが鮮やかなので寄せ植えとされる他、 葉を食べるよう改良された野菜で、味はホウレンソウに似ています。 サラダや、煮物、お浸しにして食べます。 軸の部分が赤(レッドチャード)や黄色などがあります。 赤い葉柄から赤い葉、黄色い葉柄から緑色の葉が出ます。一年中収穫できるので不断草という名が付けられました。
一般名:スイスチャード(Swiss chard)、学名:Beta vulgaris var. cicla 、 分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目アカザ科フダンソウ属 、別名:セイヨウフダンソウ(西洋不断草) 、生活型:耐寒性一・二年草の野菜、草丈:15~100cm、栽培期:ほぼ通年、根生葉:長くて太い葉柄で卵形、葉身長:50~60cm、茎葉:披針形/卵形、雌雄異株、花序:総状花序、花弁:無、五弁花(実際には5枚の萼片):黄緑色で目立たない、小花(萼)径:0.2~0.3 cm、雄蕊数:5、葯色:黄色、開花期:6月、備考:風媒花。
詳細情報
ナデシコ
アカザ
フダンソウ
スイスチャード
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
6月
高さ
15  ~ 100  [cm]
花径
0.2  ~ 0.3