アラカシ

  • アラカシ_img_0
    アラカシ @ 京都府立植物園
  • アラカシ_img_1
    アラカシ @ 赤塚植物園

基本情報

花名
アラカシ
英名
Quercus glauca
学名
Quercus glauca
別名
アラガシ, クロガシ
原産地
日本等の東アジア
生活型
常緑広葉樹

コメント

アラカシとは

アラカシ(粗樫、学名:Quercus glauca)は、日本原産で、ブナ科コナラ属アラカシ種の常緑広葉高木です。照葉樹林を構成する木されます。ブナ科コナラ属の総称をオーク(Oak、学名:Quercus)といいますが、その内で、落葉樹をナラ(楢)、常緑樹をカシ(樫)と呼びます。従って、アラカシの学名には、Quercus がつきます。幹に窪みがあることや、枝張りが雑で荒い樫ということが名前の由来です。秋にはドングリが成ります。カシ(樫)と言えば、関東では{{シラカシ}}(白樫、Q. myrsinaefolia)、関西ではアラカシ(Q. acuta)のことを言います。

一般名:アラカシ(粗樫)、学名:Quercus,glauca、別名:アラガシ、クロガシ、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ブナ目ブナ科コナラ属アラカシ種、原産地:日本、中国、朝鮮半島などの東アジア、分布地:宮城県以西の本州~九州、沖縄、朝鮮、中国、環境:雑木林、生活型:常緑広葉高木、樹高:20~25m、樹径:60 cm、樹皮:暗灰色で皮目や凹みあり、成長:やや早い、葉序:互生、葉身長:7~12 cm、葉幅:4 cm、葉形:倒卵状長楕円形/広卵形、葉縁:先端に鋸歯有り、葉色:濃緑(表)、灰白色(裏)、葉質:皮質で葉裏は有毛、葉先端:鋭角、葉基部:広楔形、,葉柄:有り、雌雄同株異花、開花期:4~5月、雄花序:新枝下部から5~10 cmのものを下垂、雌花序:苞脇に2、3個付く、雄花花被長:0.3 cm、雄蕊数:5、雌花序:新枝先端の葉腋に直立して3から5個の雌花をつける、花柱数:3、果実タイプ:堅果(ドングリ)、結実期:11~12月、果実長:2 cm、果実形:、殻斗:環状,用途:樹木は庭木、公園樹、庭園樹、学校樹、街路樹、生垣、材は建築材、器具材、木炭。

詳細情報

ブナ
ブナ
コナラ
アラカシ
花のタイプ
花の配列
尾状花序
花弁の形
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
公園
開花時期
4月5月
高さ
1500 ~ 2000 [cm]
花径
5 ~ 10

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
マンゴー_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

バンクシアオレンジフロスト_img
シルバー・スウォード_img
マーガレット・ホワイトムーン_img
ネメシア KLM_img
チューリップ・シティーオブバンクーバー_img
サンシュユ_img
オギノツメ_img
ニンニクカズラ_img
アンズ_img
ツノゲシ_img
メキャベツ_img
変化朝顔 黄南天葉白切咲牡丹_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved