比翼檜葉

  • 比翼檜葉_img_0
    比翼檜葉 @ 京都府立植物園

基本情報

花名
比翼檜葉
英名
Hiyokuhiba
学名
Chamaecyparis pisifera var. filifera
別名
イエヒバ, ヒヨクヒバ, Hiyokuhiba
原産地
日本(サワラの栽培品種)
生活型
常緑針葉高木

コメント

比翼檜葉とは

ヒヨクヒバ(比翼檜葉学名:Chamaecyparis pisifera var. filifera)はヒノキヒノキ属の常緑針葉高木「サワラ」の園芸品種です。小枝は細長く糸状に垂れ下がります。葉は十字対生に付き、鱗片状で葉先が尖り、外向きに反り返り、葉裏にX字形の気孔帯があります。春に枝先に付ける 雄花は褐色の小さな楕円状で、 雌花は淡褐色の小さな松笠状です。

一般名:ヒヨクヒバ(比翼檜葉)、 
学名:Chamaecyparis pisifera var. filifera、 
分類名:植物界裸子植物マツ綱ヒマツ目ヒノキヒノキヒヨクヒバ種、 
別名:イエヒバ、 
原産地:日本、分布:東北南部〜九州、 
生活型:常緑針葉高木、
樹高:20m、樹形:広円錐形、
葉色:緑色、白い気孔帯(葉裏)、 
雌雄異花、 雄花:褐色の小さな楕円状、 雌花:淡褐色の小さな松笠状、花の出る場所:小枝の先に単生、開花期:4月、 
果実形:球果、 
用途:庭木、生垣、公園樹。

詳細情報

マツ
ヒノキ
ヒノキ
ヒヨクヒバ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
4月
高さ
 ~ 2000 [cm]
花径
0.3 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

アマリリス_img
サンタンカ_img
トルコギキョウ_img
ネジバナ_img

ランダムな花

ヒメリンゴ_img
セイヨウマツムシソウ_img
ゲッキツ_img
ポンカン_img
ヒメアレチハナガサ_img
パープルセージ_img
ムラサキオモト_img
フウチソウ_img
ダンピエラ・アラータ_img
サンゴシトウ_img
サカキ_img
キタノコギリソウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved