キフマルバヒユ

  • キフマルバヒユ_img_0
    キフマルバヒユ @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
キフマルバヒユ
英名
Iresine Herbstie 'Aureoreticulata'
学名
Iresine herbstii cv. aureoreticulata
別名
Iresine herbstii, aureoreticulata, イレシネ・ヘルブスティー, アウレオレティクタ, 黄斑丸葉ひゆ, イレシネ・ヘルブスティー ‘アウレオレティクラタ’, 黄斑丸葉莧
原産地
ブラジル
生活型
常緑多年草

コメント

キフマルバヒユとは

キフマルバヒユ(黄斑丸葉莧、学名:Iresine herbstii cv. Aureoreticulata)は、ブラジル原産で、ヒユ科マルバヒユ属の非耐寒性常緑多年草「マルバヒユ(丸葉ヒユ、イレシネ・ヘルブスティー、Iresine herbstii)」の園芸品種です。茎は分枝しながら地面を伝うように伸びます。枝には広卵形の葉が密に対生して付きます。葉が緑色で黄色い葉脈が目立つので、 ’キフマルバビユ’(黄斑丸葉ひゆ、cv. Aureo‐reticulata’) と呼ばれます。花は咲きますがさほど観賞価値はありません。観葉植物として用いられます。

一般名:キフマルバヒユ(きふまるばひゆ、黄斑丸葉莧)、学名:Iresine herbstii Aureoreticulata(イレシネ・ヘルブスティー・アウレオレティクタ) 、別名:イレシネ・ヘルブスティー ‘アウレオレティクラタ’、アウレオレティクタ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ヒユ科マルバヒユ属マルバヒユ種キフマルバヒユ変種、原産地:園芸品種、ブラジル、生活型:非耐寒性多年草、草丈:20~60 cm、単葉、葉序:対生、葉身長:3~5 cm、葉色:緑色、葉脈色:黄色、葉形:広卵形、葉縁:鋸歯有り、観賞期:4月~11月、雌雄異株、花序形:穂状花序、花皮色:緑白色、花径:0.5~0.8 cm(花にはさほど価値はありません)、果実型:胞果、果実形:球形、用途:観葉植物、若葉と茎を食用野菜に。

詳細情報

ナデシコ
ヒユ
マルバヒユ
マルバヒユ
花言葉
密かな想い / Secret love ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
観葉植物
緑, 白
開花時期
4月5月6月7月8月9月10月11月
高さ
20 ~ 60 [cm]
花径
0.5 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ネジバナ_img
ボダイジュ_img
スイセンノウ_img

ランダムな花

ベロニカ・オックスフォードブルー_img
ニューサウスウェールズ・クリスマスブッシュ_img
ナツツバキ_img
ハツカダイコン_img
ツバキ タイニーミー_img
サルビア・ガラニチカ _img
ヒマワリ クラレット_img
ヤマネシハイヒメバショウ_img
モカラ_img
リシリヒナゲシ_img
フユイチゴ_img
トウネズミモチ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved