ジギタリス

猛毒

  • ジギタリス_img_0

    ジギタリス @ 浜名湖花博2004

  • ジギタリス_img_1

    ジギタリス @ 筑波実験植物園

  • ジギタリス_img_2

    ジギタリス @ 木場公園

基本情報

花名
ジギタリス
英名
Digitalis
学名
Digitalis purpurea l.
別名
Digitalis, Foxglove, フォックス・グローブ, キツネノテブクロ
原産地
欧州
生活型
耐寒性2年草、多年草

コメント

ジギタリス(学名:Digitalis purpurea L.)は、欧州原産のオオバコ科ジギタリス属の耐寒性ニ年草・多年草です。草丈が高く長い総状花序に斜下向きの筒状花を多数付けます。一年目はロゼット状の葉を叢生させるのみで、花は2年目以降に咲きます。基本色は紫色ですが、園芸品種には多数の色があります。全草が有毒植物ですが、それはとりも直さず、専門家が適正に使えば薬用にもなるということで、 葉に強心作用に有効な成分があるとされます。

一般名:ジギタリス(Digitalis)、学名:Digitalis purpurea L. 、別名:フォックス・グローブ(Foxglove)、Digitalis、キツネノテブクロ(狐の手袋) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目オオバコ科ジギタリス属 、原産地:欧州、草丈:80~150 cm、分枝:無し 、葉色:緑、根出葉の付き方:叢生、葉葉の付き方:互生、葉形:卵状長楕円形、葉柄:上部は無柄で、下部は有柄、花序形:総状花序、花径:2~4 cm、花冠長:40~75 cm、開花期:5~7月、花形:鐘状、 花色:紫・桃・赤・白・橙・薄黄と白の複色地で赤斑があり花内側に班点 、果実型:朔果、果実形:卵形、結実期:8月~9月、用途:花壇などでの観賞用、薬用、備考:猛毒あり。

詳細情報

シソ
オオバコ
ジギタリス
ジギタリス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園公園
赤, ピンク, 紫, 橙, 黄, クリーム, 白
開花時期
5月6月7月
高さ
80 ~ 150 [cm]
花径
2 ~ 4

アクセスランキング(日別)

キブシ_img
テマリソウ_img
パンノキ_img
エルサレムセージ_img

ランダムな花

ラベンダーデンタータ _img
パンダナス フルカツス_img
オナガカンアオイ_img
アガベ・パリー_img
ヒメリンゴ_img
エリカ・コロランス 'ホワイト・デライト'_img
サンシュユ_img
クコ_img
ハクサンフウロ_img
ディプラデニア_img
シデコブシ_img
ゲンチアナ・ベルナ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved