かぎけん花図鑑

ツツジ

基本情報
花名
ツツジ
英名
Azalea
学名
Rhododendron ferrugineum
別名
躑躅, Tsutsuji, Rhododendron
原産地
日本
生活型
耐寒性中高木
コメント
ツツジ(躑躅、学名:Rhododendron ferrugineum L.)は、日本原産で、ツツジ科ツツジ属の耐寒性中高木です。春、桜の散った後に街路樹の主役とされます。代表的品種に、ヒドラツツジなどがあります。サツキと同科同属ですが、両者の違いは新芽が伸び出す時期や、開花期、花の大きさや光沢の有無で判断します。ツツジはサツキより幾分早く咲き始め、花や葉もサツキより大きいです。江戸時代にツツジから育種された園芸品種にサツキや、キリシマ、その後さらに、小輪で多花を咲かせるクルメツツジ(久留米)、大輪で大株のヒラドツツジ(平戸躑躅)、極小輪のミヤマ(深山)、大輪で赤紫色の花を咲かせるオオムラサキ(大紫)が育種されました。広義のツツジの仲間には、シャクナゲ(石楠花)や、西洋ツツジのアザレアも含まれます。クルメツツジ・スソゴノイト(久留米 '裾濃の糸')はクルメツツジの紫色系代表品種で、中輪、濃紅紫色の花を咲かせます。開花期は4月下旬〜5月中旬です。ツツジの仲間は特集ツツジをご覧ください。
秋に咲くツツジがあります。二期咲きか狂い咲きでしょうか?
一般名:ツツジ(躑躅)、学名:Rhododendron ferrugineum L.(ロドデンドロン)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科ツツジ属ツツジ種、別名:Tsutsuji、Azalea、原産地:日本、樹高:5〜10m、葉質:柔らかで艶無し、葉身長:2~3cm、放射相称花、合弁花類、花径:5〜5cm、花形:漏斗状で5深裂、開花期:4月〜5月、花色:赤・白・桃、花姿:一重・二重・八重・絞り咲き・複色の咲き分け、果実型:蒴果。
詳細情報
ツツジ
ツツジ
ツツジ
ツツジ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 植物園 墓地・寺院 公園 園芸品種 盆栽 鉢花 街路、植栽
赤, ピンク, 紫, 白
開花時期
4月 5月
高さ
500  ~ 1000  [cm]
花径
5  ~ 7