ルリハナガサモドキ

  • ルリハナガサモドキ_img_0
    ルリハナガサモドキ @ 沖縄竹富島
  • ルリハナガサモドキ_img_1
    ルリハナガサモドキ @ 沖縄竹富島
  • ルリハナガサモドキ_img_2
    ルリハナガサモドキ @ 沖縄竹富島

基本情報

花名
ルリハナガサモドキ
英名
Pseuderanthemum carruthersii
学名
Pseuderanthemum reticulatum
別名
拟美花, 瑠璃花笠擬, Pseuderanthemum carruthersii, Pseuderanthemum reticulatum, レティキュラタム
原産地
熱帯地方
生活型
常緑小低木

コメント

ルリハナガサモドキとは

ルリハナガサモドキ(瑠璃花笠擬、学名:Pseuderanthemum carruthersii または、Pseuderanthemum reticulatum)は、 熱帯地方原産で、キツネノマゴ科ルリハナガサモドキ属の常緑小低木です。葉脈や葉は、緑から黄色になり、クロトン(croton)と似ています。 日当たりに置くと発色しコンパクトにまとまりますが、日陰だと徒長し色が悪くなります。花はラン(蘭)と似ています。夏~秋に、茎頂や葉腋から穂状花序を伸ばし白花を咲かせます。花は高杯径をしており花弁は白く先端が4裂しているように見えますが、実際には5裂しており、上の2裂が細く近接して1つに見えます。喉部に赤紫斑があります。属名 "Pseuderanthemum" はラテン語の「pseudo(偽の)+Eranthemum(ルリハナガサ属)」で、ルリハナガサモドキ属を意味します。種小名の ”reticulatum”は(網目状の)という意味です。花言葉は「友情」。
花名はルリハナガサ(瑠璃花笠)に似ているのでモドキと付けられましたが、同じルリハナガサモドキ属でも、この”Pseuderanthemum 【reticulatum】”はあまり似ておらず、赤紫色の花を咲かせる品種の”Pseuderanthemum 【laxiflorum】”の方が似ています。
ハワイでは、同色の花で、葉がかなり黄色いものが、リゾート地や商業施設で見られ Pseuderanthemum(プセウデランテマム、プセウドランセマム)、または、Yellow-vein という名前で表示されていました。 学名は、Pseuderanthemum carruthersii var. carruthersii とありました。恐らく同じ花で現在の学名か旧学名(シノニム)で呼ばれているだけかと思われます(どちらが「新」かはちょっと不明ですが)。
 
一般名:ルリハナガサモドキ(瑠璃花笠擬)、学名:Pseuderanthemum reticulatum、Synonym:Pseuderanthemum carruthersii、別名:Pseuderanthemum reticulatum(プセウデランテマム・レティクラツム)、レティクラツム、レティキュラタム(いずれもスペルは、reticulatum) 、Carruthers' falseface、拟美花、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目キツネノマゴ科(Acanthaceae)ルリハナガサモドキ属(プセウデランテマム属)、原産地:熱帯地方、樹高:50~200 cm、葉色:緑・黄緑、葉序:対生、葉縁:全縁、葉形:楕円形、花序形:穂状花序、花色:白地で喉部が赤紫、花の形:高杯状、花径:2 cm、鑑賞期:8月~10月(暖地では周年)、果実型:蒴果。

詳細情報

シソ
キツネノマゴ
ルリハナガサモドキ
ルリハナガサモドキ
花言葉
友情 / Friendship ()
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
鉢花観葉植物
開花時期
8月9月10月
高さ
50 ~ 200 [cm]
花径
2 ~ 2

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
ホウキギ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ドウダンツツジ_img
オオキツネノカミソリ_img
球根ベゴニア ペアルケイ_img
エゾオグルマ_img
ミナトタムラソウ_img
レッドキャンピオン_img
アメリカイワナンテン 'レインボー'_img
モミジバフウ_img
カンツバキ_img
木立性ベゴニア・みかん_img
パセリ_img
額紫陽花 イズノオドリコ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved