イエロー・アコナイト

有毒植物

  • イエロー・アコナイト_img_0

    イエロー・アコナイト @ ハイジの花道

  • イエロー・アコナイト_img_1

    イエロー・アコナイト @ ハイジの花道

基本情報

花名
イエロー・アコナイト
英名
Aconitum lycoctonum
学名
Aconitum lycoctonum
別名
原産地
欧州~西アジア
生活型
多年草、毒草

コメント

イエロー・アコナイト(Yellow Aconite、学名:Aconitum lycoctonum)は、欧州~西アジア原産で、キンポウゲ科トリカブト属の多年草です。山野の湿った場所に自生します。夏、茎長から総状花序を伸ばし兜状の薄黄色の花を咲かせます。毒性の強い植物として知られます。

一般名:イエロー・アコナイト(Yellow Aconite)、学名:Aconitum lycoctonum(アコニツム・リコクトヌム)、Synonyms :Aconitum vulparia(アコニツム・ブルパリア) 、別名:アコニツム・ブルパリア(Aconitum vulparia)、Yellow Wolfsbane 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キンポウゲ目キンポウゲ科トリカブト属 、原産地:欧州~西アジア、環境:湿っぽい林内や牧草地、野原、生活型:多年草、葉の形:腎臓形で掌となる、草丈:50~150 cm、 花色:薄黄、花序形:総状花序、花冠形:兜形、開花期:6月~9月、注記:猛毒。

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
トリカブト
イエロー・アコナイト
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
仮面状花冠
葉のタイプ
腎臓形
葉の縁
鑑賞場所
低山
クリーム
開花時期
6月7月8月9月
高さ
50 ~ 150 [cm]
花径
1 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

アンスリウム_img
テマリソウ_img
ドウダンツツジ_img
ホウセンカ_img

ランダムな花

コースト・バンクシア_img
ツバキ タイニーミー_img
コロラドトウヒ 'ホプシー'_img
トウジュロ_img
中国春蘭 朶々香 黄花 '黄月'_img
レンギョウ_img
オオモクゲンジ_img
アブラギリ_img
ムラサキケマン_img
花図鑑日本語WebQRcode_img
リナリア_img
花暦_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved