アーモンド

バラ 目バラ 科サクラ 属ヘントウ 種
アーモンド_img_0アーモンド_img_1アーモンド_img_2アーモンド_img_3
アーモンド_img_0アーモンド_img_1アーモンド_img_2アーモンド_img_3

基本情報

花名
アーモンド
英名
Almond
学名
Amygdalus dulcis
別名
Almond, ヘントウ, ハタンキョウ
原産地
アジア西部
生活型
落葉高木

コメント

アーモンド(Almond、学名:Amygdalus dulcis)とは、アジア西部原産で、バラ科モモ属の落葉高木です。葉の展開より先に花が咲きます。 春に、短い花柄先端に、淡紅色~白色の5弁花を咲かせます。生産地は日本では小豆島、海外では南欧、米国カルフォルニア州、豪州が知られます。高木ですが、摘み取りのため樹高を5m程にしています。夏に果実が成ります。食用とするのは種子の部分です。固い殻を剥いて中の種子を煎るか、揚げるかした種子を食べます。 主に、アーモンドクッキーやアーモンドチョコレート、スライスしてカレーのトッピングに用いられます。 含まれる栄養成分はビタミンEや、亜鉛、マグネシウム、不溶性植物繊維等です。中華デザートに「杏仁豆腐」がありますが、日本で食べられているのは、牛乳にアーモンド・エッセンスを加えて固めたものです。
一般名:アーモンド(Almond)、学名:Amygdalus dulcis、Prunus dulcis、別名:ヘントウ(扁桃)、ハタンキョウ(巴旦杏) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属ヘントウ種 、原産地:アジア西部 、生活型:落葉高木 、生息分布:日本の小豆島、南欧、米国カルフォルニア州、豪州 、樹高:4~10 m、葉形:披針形~広披針形、葉身:10 cm、葉柄:2.5 cm、葉縁:浅い鋸歯、花径:3~7cm、花弁数:5、放射相称、花序:単頂花序、花柄:短い、開花期:3月 ~ 4月、花色:淡紅色 ~ 白花、果実形:楕円形、果実型:核果、結実期:7月~8月、種類:スィート種とビター種。ビター種は有毒 、用途:種子(仁)をナッツとして食用とする。

詳細情報

バラ
バラ
サクラ
ヘントウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
広披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
果樹園
ピンク, 白
開花時期
3月4月
高さ
400 ~ 1000 [cm]
花径
3 ~ 7
特集
ケイトウ
Celosia cristata_img
特集
八ヶ岳薬用植物園
Verbena hastata cv._img
特集
サクラ
Cerasus_img
特集
あきのフラワーブーケ
Asparagus plumosus var. nanus_img
特集
9月の白花
Dianthus hybrids_img
特集
花菖蒲
Iris ensata var. ensata ’aio’_img

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved