セロジネ・ムーレアナ

  • セロジネ・ムーレアナ_img_0
    セロジネ・ムーレアナ @ 新宿御苑温室

基本情報

花名
セロジネ・ムーレアナ
英名
Coelogyne mooreana
学名
Coelogyne mooreana
別名
セロジネ, ムーレアナ
原産地
ベトナム
生活型
常緑多年性着生ラン

コメント

セロジネ・ムーレアナとは

セロジネ・ムーレアナ(学名:Coelogyne mooreana)は、ベトナム原産で、ラン科セロジネ属の常緑多年草です。セロジネ属の蘭は、東南アジア原産で、白~黄緑色の花色を基調とする定着蘭です。このムーレアナは、ベトナムの標高1300~2000 mの亜高山に生育し、低温はやや苦手ですが、夏の暑さには強い品種です。冬~春に、花弁が白で唇弁が黄橙色の花を咲かせます。種小名のムーレアナは、英国の蘭研究家で植物学者 T. Moore氏に対する献上名です。

一般名:セロジネ・ムーレアナ(Coelogyne mooreana) 、学名:Coelogyne mooreana、分類名:植物界被子植物単子叶葉類キジカクシ目ラン科セロジネ属、原産地:ベトナムの標高1300~2000 mの亜高山 、草丈:50 cm、球茎長:7 cm、球茎形:長楕円形、葉形:披針形~楕円形、葉長:25~50 cm、葉幅:3~4 cm、花茎長:30-40 cm、花色:白い花弁に黄橙色のリップ、花弁形:楕円形、花期:冬~春、花径:7~8 cm、唇弁長:3~3.5 cm。

詳細情報

キジカクシ
ラン
セロジネ
セロジネ・ムーレアナ
花言葉
粋な計らい / Sensibly arranged ()
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
波状
鑑賞場所
温室
開花時期
1月2月3月4月5月6月12月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
7 ~ 8

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ネジバナ_img
ボダイジュ_img
スイセンノウ_img

ランダムな花

ミズキンバイ_img
タアサイ _img
ヤマナシ_img
レモンイエロー・ダイヤーズ・カモミール_img
オウバイ_img
ベニバナトチノキ_img
ホウガンノキ_img
クコ_img
ウマノアシガタ_img
メガクリニウム ファルカタム・ジャングル ジェム_img
菊 コモドール_img
オガタマノキ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved