クワレシダ

  • クワレシダ_img_0
    クワレシダ @ カウアイ島

基本情報

花名
クワレシダ
英名
Diplazium esculentum
学名
Diplazium esculentum
別名
食われ羊歯, ホイオ, Vegetable Fern
原産地
インド~南ポリネシア
生活型
多年性シダ

コメント

クワレシダとは

クワレシダ(食われ羊歯、学名:Diplazium esculentum)は、インド~南ポリネシア原産で、イワデンダ科ヘラシダ属の多年性常緑シダ(羊歯)です。日本では九州南部~沖縄諸島で山間部の湿地に生えます。 葉脈が綱状で、胞子嚢(ソーラス)はその葉脈に沿って線状に広がっています。 食べられるシダで、若い葉は食用となる野菜です。塩を入れて湯掻けば、蕨のような味がします。 ネイティブハワイアンは、オパエというハワイ固有の淡水エビを沿えた料理に使ったり、カロ(Kalo)=タロイモで作ったポイを包んで食べます。昔のハワイ神話でホーイオは、ナ・ピリワレという四姉妹の物語に登場しています。花ではなく、シダ植物なので、葉裏に朱色の胞子嚢が付きます。

一般名:クワレシダ(食われ羊歯)、学名:Diplazium esculentum、分類名:ウラボシ目イワデンダ科ヘラシダ属、別名:ホイオ(Ho'i'o、ハワイ名)、クワレシダ(食われ羊歯)、Vegetable Fern(ベジタブル・ファーン)、Eddible Fern(エジブル・ファーン)、パック・クート、原産地:インド~南ポリネシア、生息分布:熱帯・亜熱帯域、日本では九州南部~沖縄諸島、環境:山間部の湿地、葉身:1~2 m、 葉形:2回得羽状複葉、小羽片:披針形、鋸歯:有、葉身長:70~100 cm、花弁:シダ植物なので、葉裏に朱色の胞子嚢が付く、用途:若菜を食用にする。

詳細情報

ウラボシ
イワデンダ
ヘラシダ
クワレシダ
花のタイプ
花の配列
花弁の形
無し
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
茶, 橙
開花時期
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

アゲラタム_img
ルリトウワタ_img
オウコチョウ_img
シロザ_img

ランダムな花

タスマニアビオラ_img
アッケシソウ_img
ハナズオウ_img
サンビタリア_img
ミナトタムラソウ_img
ハチミツソウ_img
ハクサンボウフウ_img
ロードデンドロン・アルボレウム_img
ヘリオトロープ_img
花菖蒲 ’小町娘’_img
ハナシキブ_img
ハナニラ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved