ガマズミ

紅葉

  • ガマズミ_img_0
    ガマズミ @ 小石川植物園
  • ガマズミ_img_1
    ガマズミ @ 小石川植物園
  • ガマズミ_img_2
    ガマズミ @ 伊豆大島
  • ガマズミ_img_3
    ガマズミ @ 伊豆大島

基本情報

花名
ガマズミ
英名
Viburnum dilatatum
学名
Viburnum dilatatum
別名
Viburnum dilatatum
原産地
日本・朝鮮半島・中国
生活型
常緑灌木

コメント

ガマズミとは

ガマズミ(蒲染、学名:Viburnum dilatatum)は、日本・朝鮮半島・中国原産で、レンプクソウ科ガマズミ属の耐寒性常緑灌木です。5月~6月に、朱色の蕾が開花し、芳香のある白い集合花を咲かせます。10月~11月に赤い卵形の果実を成らせ、その後に暗紫色に熟します。果実は生け花や切り花などに使われます。花言葉は「結合」です。

一般名:ガマズミ(蒲染)、学名:Viburnum dilatatum、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マツムシソウ目レンプクソウ科ガマズミ属、又名:ビバーナム、cranberry tree、Japanese bush cranberry、原産地:日本・朝鮮半島・中国、生息地:北海道南西部~本州、四国、九州、環境:山野、樹高:300~500 cm、生活型:落葉低木、葉形:卵形、葉色:深緑、葉身長:5~15 cm、葉序:対生、葉縁:浅鋸歯、花序:散房花序、開花期:5月~6月、小花形:ラッパ状で先端が5裂、小花径:0.5~0.8 cm、花色:白、花序径:5~10 cm、果実型:核果、果実形:卵形、果実色:赤、果実径:0.5~0.6 cm、果実観賞期:9月~11月、用途:鉢植え、庭植え、薬用、葉はドライフラワーに、果実は生け花や切り花、鳥餌に。

詳細情報

マツムシソウ
レンプクソウ
ガマズミ
ガマズミ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
植物園低山
開花時期
5月6月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
0.5 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ネジバナ_img
ルリハナガサモドキ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

サンカクバアカシア_img
コクサギ_img
クレマチス ‘コンフェッティ’_img
ヒメガマ_img
アブチロン_img
アマリリス_img
ウスユキソウ_img
ヘリコニア・マリアエ_img
クリサンセマム・ムルチコーレ_img
キンモクセイ_img
トックリキワタ_img
ゼニアオイ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved