コイワザクラ

  • コイワザクラ_img_0
    コイワザクラ @ 箱根湿生植物園
  • コイワザクラ_img_1
    コイワザクラ @ 箱根湿生植物園
  • コイワザクラ_img_2
    コイワザクラ @ 箱根湿生植物園

基本情報

花名
コイワザクラ
英名
Primula reinii
学名
Primula reinii
別名
オオミネコザクラ, 大峰小桜, Primula tosaensis
原産地
日本固有種
生活型
多年草

コメント

コイワザクラとは

コイワザクラ(小岩桜、学名:Primula reinii)は、日本固有種で、サクラソウ科サクラソウ属の多年草です。イワザクラ(岩桜、学名:Primula tosaensis)と似ており、一回り小さいです。春に、地際から短い花茎を出し、先端から散形花序を伸ばし、数個の花を咲かせます。草丈に比べて花は大きいです。花は鮮桃色で中央基部は黄色い。筒状花の先端が5深裂し、花弁はさらに2浅裂します。VU絶減危惧II類です。小岩桜(P. tosaensis)と岩桜(P. treinii)の大きな違いは以下の通りです。
生息分布は岩桜(P. tosaensis)が西日本(紀伊半島~九州)であるのに対し小岩桜(P. reinii)は本州中部(関東、紀伊半島)です。
花径は、岩桜(P. tosaensis)が 2.5~3 cmに対し、小岩桜(P. reinii)は1.8~2.5 cmです。
葉径は岩桜(P. tosaensis)が3~7 cmに対し、小岩桜(P. reinii)は1.5~4 cmです。
葉裏の毛は、岩桜(P. tosaensis)にはありませんが、小岩桜(P. reinii)にはあります。

一般名:コイワザクラ(小岩桜)、学名:Primula reinii、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目サクラソウ科サクラソウ属、又名:オオミネコザクラ (大峰小桜)、草丈:5~10 cm、葉形:円形、葉径:1.5~4 cm、葉縁:浅裂、葉色:緑、花色:ピンク、花径:1.8~2.5 cm、開花期:5月、注記:VU絶減危惧II類。

詳細情報

ツツジ
サクラソウ
サクラソウ
イワザクラ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
筒形
葉のタイプ
円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
ピンク
開花時期
5月
高さ
5 ~ 10 [cm]
花径
2.5 ~ 3

アクセスランキング(日別)

サイコトリア・ペピギアナ_img
オウコチョウ_img
サルビア・ミクロフィラ 'ホットリップス'_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

アップルグリーン・プロテア_img
キサントステモン・オーランティアカス’レッド・アンド・イエロー’_img
椿 '客星'_img
シュンギク_img
サルビアブレヤナ_img
キントラノオ_img
ショノルキス・ユンキフォリア_img
コクサギ_img
日本桜草 ’笹鳴’_img
モロヘイヤ_img
スモモ_img
ネモフィラ・メンジージー 'ペニーブラック'_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved