アカバナルリハコベ

  • アカバナルリハコベ_img_0

    アカバナルリハコベ @ 木場公園

基本情報

花名
アカバナルリハコベ
英名
Akabana rurihakobe,
学名
Anagallis arvensis l.
別名
ミドリハコベ, 緑繁縷, scarlet pimpernel,, red chickweed, bird's-eye, 赤花瑠璃繁縷
原産地
ユーラシア大陸
生活型
一年草の帰化植物

コメント

アカバナルリハコベ(学名:Anagallis arvensis L.)は、ユーラシア大陸原産で、サクラソウ科の一年草の帰化植物です。良く分枝して横に広がった茎から出た葉腋から伸びた集散花序に筒状で先端が5深裂した朱赤の小花を付けます。

一般名:アカバナルリハコベ(赤花瑠璃繁縷)、学名:Anagallis arvensis L.、別名:Scarlet pimpernel、Red chickweed、 bird's-eye、紅ハコベ、赤ハコベ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目サクラソウ科ルリハコベ属アカバナルリハコベ種、原産地:ユーラシア大陸、生息分布:西日本、環境:畑、道端、暖地の海岸沿い、生活型:一年草、草丈:10〜30 cm、茎:4陵、単葉、葉形:卵形、葉長:1〜2 cm、葉幅:0.5〜1.5 cm、葉縁:全縁、葉序:対生、葉柄:無し、放射相称花、合弁花、花序形:岐散花序、花柄長:1.5 cm、花冠長:0.5 cm、花弁数:5、花径:0.8~1.0 cm、花期:3月〜5月、花色:朱赤、萼片:5深裂、雄蕊数:5、果実型:蒴果、種子:胚乳有、果実形:球形、果実径:0.4 cm、種子形:楕円形。

詳細情報

ツツジ
サクラソウ
ルリハコベ
アカバナルリハコベ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
多散花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
赤, 橙
開花時期
3月4月5月
高さ
10 ~ 30 [cm]
花径
0.8 ~ 1

アクセスランキング(日別)

アガパンサス_img
アリウム・ギガンテウム_img
パープルリーフサンドチェリー_img
花菖蒲 ’深窓佳人’_img

ランダムな花

ハナキリン_img
シャガ_img
ツノナス_img
バーゼリア_img
ヨツバヒヨドリ_img
ムッサエンダ・ドナルス_img
ミルメコフィラ ティビキニス_img
キバナノクリンザクラ_img
ヤグルマソウ_img
カマクラヒバ_img
カガミグサ_img
スイバ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved