アスチルベ

アスチルベ_img_0アスチルベ_img_1アスチルベ_img_2アスチルベ_img_3
アスチルベ_img_0アスチルベ_img_1アスチルベ_img_2アスチルベ_img_3

基本情報

花名
アスチルベ
英名
Astilbe arendsii
学名
Astilbe ×arendsii
別名
アワモリソウ, 泡盛草
原産地
日本・中国・中央アジア・アメリカ(園芸種)
生活型
寒性落葉多年草

コメント

アスチルベ(Astilbe、学名:Astillbe ×arendsii or Astilbe×hybrida)とは、日本・中国・中央アジア原産で、ユキノシタ科チダケサシ属の耐寒性落葉多年草です。緑色の葉は2~4出羽状複葉で葉縁に鋸歯があり、茎の下部に互生してつきます。初夏に、細く強い茎から円錐花序を伸ばし、綿菓子のような花を咲かせます。和名のアワモリソウ(泡盛草)は、微小な花が無数について花序が泡を盛ったように見えことに拠ります。属名の Astilbe とは、ギリシア語の a(無い)+stilbe(輝き)からの造語で、 a+stilbe(輝きが無い)という意味です。これは、原種の葉に光沢が無かったことに拠ります。直射日光や水分不足に弱いです。アスチルベの仲間には、チダケサシ(乳茸刺)や、ハナチダケサシ(花乳茸刺)、アワモリショウマ(泡盛升麻)等があります。花言葉は「消極的なアプローチ」です。
一般名:アスチルベ(Astilbe)、学名:Astillbe ×arendsii or Astilbe×hybrida、別名:アワモリソウ(泡盛草)、ショウマ(升麻)、アケボノショウマ(曙升麻)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ユキノシタ目ユキノシタ科チダケサシ属アスチルベ種、原産地:日本・中国・中央アジア・アメリカ(園芸種)、草丈:20〜180cm、葉形:2~4出羽状複葉、葉縁:荒い鋸歯有、葉序:互生、花:両性花、放射相称、花序形:円錐花序、花序高:20〜30cm、開花期:5月〜9月、花色:桃・赤 ・白・紫、花弁数:4、5枚。

詳細情報

ユキノシタ
ユキノシタ
チダケサシ
アスチルベ
花言葉
消極的なアプローチ / A passive approach
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
2回3出羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
赤, ピンク, 紫, 白
開花時期
5月6月7月8月9月
高さ
20 ~ 180 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

Copyright © 2018 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved