アメリカデイゴ

  • アメリカデイゴ_img_0

    アメリカデイゴ @ ニューヨークランプミュージアム& フラワーガーデン

  • アメリカデイゴ_img_1

    アメリカデイゴ @ 熱川ワニ・バナナ園

  • アメリカデイゴ_img_2

    アメリカデイゴ @ ニューヨークランプミュージアム& フラワーガーデン

基本情報

花名
アメリカデイゴ
英名
Crybabytree
学名
Erythrina crista-galli
別名
マルバデイコ, Common coral Tree, America梯梧, 丸葉梯梧, コモン・コーラルツリー
原産地
ブラジル(南米)
生活型
落葉広葉低木

コメント

アメリカデイゴ(America梯梧、学名:Erythrina crista-galli)は、南米原産で、マメ科デイゴ属の落葉広葉低木です。初夏〜秋、葉と同時に総状花序を伸ばし蝶形の深紅の花を咲かせます。花が、展葉の前に咲く品種が多い中で、葉と同時に咲くことがアメリカデイゴの同定の一つとなります。葉は丸みを帯びています。小花には1枚の舌状花と鶏冠状の旗弁が下向きに付きます。花が終わると豆果という長い鞘(さや)ができ熟します。属名のErythrinaはラテン語 erythros(赤)、種小名のcrista-galliは雄鶏の鶏冠が語源です。南国らしい木でハワイや、鹿児島市では街路樹として植えられます。花言葉は「活力 / Vitality」です。南国の花で、樹勢が強く、鮮紅色の花を木一杯に咲かせ、花後に大きな果実を沢山成らせることに拠ります。カイコウズ(海紅豆)と呼ばれることもありますが、カイコウズはナンバンアカアズキ(南蛮赤小豆)と言う別の花のことです。デイゴ属には、アメリカデイゴ(学名:Erythrina crista-galli)デイゴ(学名:Erythrina variegata)ブラジルデイゴ(学名:Erythrina speciosa)サンゴシトウ(学名:Erythrina × bidwillii)など、100種類程あります。

一般名:アメリカデイゴ(America梯梧)、学名:Erythrina crista-galli(エリスリナ・クリスタガッリ)、別名:アメリカンデイゴ、マルバデイコ(丸葉梯梧)、Common coral Tree(コモン・コーラルツリー)、エリスリナ 、カイコウズ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科デイゴ属アメリカデイゴ種、原産地:ブラジル(南米)、樹高:100〜500 cm 樹皮灰褐色で縦に割れ目有、生活型:耐寒性落葉広葉低木、葉序:互生、葉形:3出複葉(羽状3小葉)、葉質:厚く光沢有、葉色:緑、小葉形:卵状長楕円形、小葉長:8~10 cm、葉幅:3~5 cm、葉柄:棘有、葉縁:全縁、左右相称花、雌雄同株、総状花序、花冠形:大型の蝶形花を2~3個付ける、旗弁形:倒卵形、萼形:鐘形、開花期:6月~10月、花色:朱赤、花序高:30 cm、花径:0.5〜0.8 cm、花の出る場所:葉腋、果実型:豆花、果実長:10~15 cm、果実幅:1.5~2 cm、種子形:潰れた小豆のような楕円形、用途:庭木。

詳細情報

マメ
マメ
デイゴ
アメリカデイゴ
花言葉
活力 / Vitality
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
蝶形
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室植物園(亜)熱帯地域
開花時期
6月7月8月9月10月
高さ
100 ~ 500 [cm]
花径
0.5 ~ 0.8

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved