デイゴ

  • デイゴ_img_0
    デイゴ @ 不明

基本情報

花名
デイゴ
英名
Erythrina variegata
学名
Erythrina variegata
別名
デイク, 梯梧, コーラル・ツリー, Coral tree, エリスリナ
原産地
インド
生活型
半耐寒性落葉広葉高木

コメント

デイゴとは

デイゴ(梯梧、Erythrina variegata)は、インド原産で、マメ科デイゴ属の半耐寒性落葉広葉高木です。春の葉が出る前に、穂状花序を伸ばし、真っ赤な鳥の嘴状の花を多数を付けます。葉色は緑色ですが、斑が入るものもあります。葉は大きく幅があり三枚で構成される三出複葉です。花は下から上に向けて咲き、花に蜜があるので鳥や蝙蝠が寄って来る鳥媒花です。花が散るとソラマメ(天豆)の鞘に似た果実を付けます。幹は成長が早く、枝を横に張るので、緑陰や風除け用に街路樹や公園樹として植えられます。落葉樹ですが、一斉に葉が落ちるわけではなく、花が咲いている枝の葉だけが先に落ちます。材は柔らかく加工しやすいので、漆器の木地に使われます。沖縄の県花です。デイゴ属には、アメリカデイゴ(学名:Erythrina crista-galli)デイゴ(学名:Erythrina variegata)ブラジルデイゴ(学名:Erythrina speciosa)サンゴシトウ(学名:Erythrina × bidwillii)など、100種類程あります。

一般名:デイゴ(梯梧)、学名:Erythrina variegata(エリスリナ・バリエガタ)、異名:Erythrina indica(エリスリナ・インディカ)、別名:tiger's claw, コーラル・ツリー(Coral tree)、エリスリナ、Tiger's claw、デイク、デンゴ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科デイゴ属、原産地:インド、樹高:4〜15m、樹周:4m、葉形:三出複葉、開花期:3月〜4月、花色:朱赤、花序形:穂状花序、花序長:10〜25cm、花長:5〜10cm。

詳細情報

マメ
マメ
デイゴ
デイゴ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
蝶形
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
植物園(亜)熱帯地域沖縄
開花時期
3月4月
高さ
400 ~ 1500 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

ホワイトパウダーパフ_img
ヤナギバルイラソウ_img
ブナシメジ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

スパイダーリリー_img
イリマ_img
コバノイチヤクソウ_img
ツバキ アルバ・プレナ_img
トルコギキョウ 'ミラマリーン' _img
ウワバミソウ_img
椿 '赤寺'_img
スイセイラン_img
ホウオウボク_img
ケヤマウコギ_img
ナンテン_img
イワギリソウ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved