ブラジルデイゴ

  • ブラジルデイゴ_img_0
    ブラジルデイゴ @ 鹿児島

基本情報

花名
ブラジルデイゴ
英名
Brazil Diego
学名
Erythrina speciosa
別名
Pink coral tree, Brazil梯梧, ピンク・コーラル・ツリー
原産地
ブラジル南東部
生活型
落葉低木

コメント

ブラジルデイゴとは

ブラジルデイゴ(Brazil梯梧、学名:Erythrina speciosa)は、ブラジル南東部原産でマメ科デイゴ属の落葉低木です。晩春~初夏、総状花序に濃桃色のしし唐の実のような小花を咲かせます。高さは4m程しかならず、横に枝を広げます。幹や枝には大きな棘があります。デイゴ属には、アメリカデイゴ(学名:Erythrina crista-galli)デイゴ(学名:Erythrina variegata)ブラジルデイゴ(学名:Erythrina speciosa)サンゴシトウ(学名:Erythrina × bidwillii)があります。

一般名:ブラジルデイゴ(Brazil梯梧)、学名:Erythrina speciosa(エリスリナ・スペシオーサ )、別名:Pink coral tree(ピンク・コーラル・ツリー)、サイハイデイゴ(采配デイゴ)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科デイゴ属ブラジルデイゴ種、原産地:ブラジル南東部、生活型:落葉低木、樹高:300~400cm、葉形:3出複葉、葉序:互生、開花期:3月~8月、花径:0.7~0.8cm、花色:濃桃色、小花形:しし唐や鸚鵡の嘴状、花序形:総状花序、花序高:50cm、果実型:豆果、特徴:幹や枝に大きな棘がある。

詳細情報

マメ
マメ
デイゴ
ブラジルデイゴ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
筒形
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
ピンク
開花時期
3月4月5月6月7月8月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
0.7 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

カキノキ_img
シャコバサボテン_img
ウェデリア_img
アメリカシャガ_img

ランダムな花

リュウキュウ_img
オドリコソウ_img
ラベンダー エレガンス・スカイ_img
ノリウツギ_img
ツバキ アヤメドリ_img
キシフィディウム・コエルレウム_img
シャコバサボテン_img
ヤエヤマブキ_img
トウサイカチ_img
ツバキ モモジノヒグレ_img
ホソバカナワラビ_img
エクメア・ブランケティアナ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved