ヤクシマシャクナゲ

Rhododendron yakushimanum

  • ヤクシマシャクナゲ
  • ヤクシマシャクナゲ
  • ヤクシマシャクナゲ
  • ヤクシマシャクナゲ
  • 花名
    ヤクシマシャクナゲ
  • 学名
    Rhododendron yakushimanum
  • 別名
  • 原産地屋久島
  • 開花場所亜高山, 特定の地域
  • 開花期5月, 6月

ヤクシマシャクナゲとは

ヤクシマシャクナゲ(屋久島石楠花、学名: Rhododendron yakushimanum )は、ツツジ科ツツジ属の常緑小高木で、屋久島に自生するシャクナゲ(石楠花、学名: Rhododendron hybrids)です。晩春から初夏に、散形花序にピンクの花を咲かせます。

一般名:ヤクシマシャクナゲ(屋久島石楠花)、学名: Rhododendron yakushimanum、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ツツジ目ツツジ科ツツジ属 、原産地:屋久島、生活型:常緑小高木、樹高:50~180cm、開花期:5月~6月、花色:桃色、花径:5~10cm。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • ツツジ
  • ヤクシマシャクナゲ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    壺形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 180.0 cm
  • 花径5.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花