かぎけん花図鑑

サンタンカ

基本情報
花名
サンタンカ
英名
Ixora chinensi
学名
Ixora chinensis
別名
サンダンカ, Chinese ixora, イクソラ・キネンシス, 山丹花, 三段花, Ixora chinensis, チャイニーズ・イクソラ
原産地
中国南部〜マレーシア
生活型
熱帯性常緑低木
コメント
サンタンカ(山丹花、学名:Ixora chinensis)は、中国南部〜マレーシア原産で、アカネ科サンタンカ属の熱帯性常緑低木です。集散花序を伸ばし赤橙色の小花を20~30輪纏めて半球状に咲かせます。車形の小花は先端が4裂し、丸味のある花弁から出来た四弁花のように見えます。属名の ”Ixora” はサンスクリット語でヒンズー教の神「Deus shiva(シヴァ)」をポルトガル語に翻訳したものが「Ixora」。何故ポルトガル語かは、イクソラ・コッキネア(Ixora-coccinea)に説明があります。種小名の ”chinensis” は原産地の「中国の」を表します
■サンタンカ属には下記の花があります。
イクソラ・コッキネア(Ixora-coccinea)は、散房花序を伸ばしそこに十字型で橙色や桃色の小花を咲かせます。
キバナサンタンカ(学名:Ixora coccinea lutea、別名:Yellow flame of the woods、Yellow ixora)は、黄い花を咲かせます。
シロバナサンタンカ(学名:Ixora parviflora、英名:White ixora.)は白花を咲かせます。
イクソラ・ダッフィー(学名:Ixora duffii)は丸みを帯びて幅広の大きな葉を持ち。大きな鮮紅色の花を咲かせます。
サンタンカ(学名:Ixora chinensis)は、集散花序を伸ばし丸みのある赤橙色の小花を20~30輪纏めて半球状に咲かせます。
一般名:サンタンカ(山丹花)、学名:Ixora chinensis(イクソラ・シネンシス)、分類:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科サンタンカ属イクソラ・シネンシス種、別名:サンダンカ(三段花)、Chinese ixora(チャイニーズ・イクソラ)、イクソラ・キネンシス(Ixora chinensis)、原産地:中国南部〜マレーシア、生活型:熱帯性常緑低木、樹高:50~100cm、葉形:倒卵形、葉序:対生、葉縁:全縁、葉身長:5~12 cm、葉幅:2~5 cm、葉柄:有、花序:集散花序、花冠形:車形で先端が4裂して平開、花冠色:橙、開花期:周年(特に、5月~8月)、花序径:5~10 cm、花筒長:2~3 cm、花径:1 cm、雄蕊数:4、雌蕊数:1、花柱:柱頭は2裂、花の出る場所:頂生及び葉腋、果実型:液果、果実形:球形、果実径:0.5cm、果実色:紫赤色、種子径:0.3 cm、種子数:2、葉形:倒卵形、葉序:対生、葉縁:全縁、葉身長:5~12 cm、葉幅:2~5 cm、葉柄:有、花序:集散花序、花冠形:車形で先端が4裂して平開、花冠色:橙、開花期:周年(特に、5月-8月)、花序径:5~10 cm、花筒長:2~3 cm、花径:1 cm、雄蕊数:4、雌蕊数:1、花柱:柱頭は2裂、花の出る場所:頂生及び葉腋、果実型:液果、果実形:球形、果実径:0.5 cm、果実色:紫赤色、種子径:0.3 cm、種子数:2。
詳細情報
リンドウ
アカネ
サンタンカ
イソクラ・シネンシス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
車形
葉のタイプ
倒卵形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
高さ
50  ~ 100  [cm]
花径
1  ~ 1