かぎけん花図鑑

イヌタデ

基本情報
花名
イヌタデ
英名
Creeping Smartweed
学名
Persicaria longiseta
別名
アカマンマ, 犬蓼, Smartweed, Creeping Smartweed
原産地
世界中
生活型
一年草の雑草
コメント
イヌタデ(犬蓼、学名:Persicaria longiseta)はタデ科イヌタデ属の一年草です。花や蕾が紫桃色で赤飯のように見えることからアカマンマ'とも呼ばれます。花のように見えるものは萼片であり、実際には花(花冠)がありませんので、
イヌタデは単花被花(monochlamydeous flower)に分類されます。単花被花には、他に、シュウメイギク(秋明菊)やクリ(栗)等があります。
一般名:イヌタデ(犬蓼)、学名:Persicaria longiseta、別名:Smartweed、Creeping Smartweed、アカマンマ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目タデ科タデ属、原産地:世界中、分布:北海道〜九州、沖縄の日本、草丈:30 cm、葉序:互生、葉形:披針形、葉縁:全縁で有毛、花序:穂状/頭状、萼片数:5、花弁:無し、花色:赤、雄蕊数:8、花柱:3、開花期:4月〜11月、果実型:痩果、果実形:卵形、果実色:赤い萼を被った暗褐色。
詳細情報
ナデシコ
タデ
イヌタデ
イヌタデ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
高さ
20  ~ 40  [cm]
花径
 ~