エゾミソハギ

  • エゾミソハギ_img_0
    エゾミソハギ @ 木場公園

基本情報

花名
エゾミソハギ
英名
Lythrum salicaria
学名
Lythrum salicaria
別名
Purple loosestrife, 蝦夷禊萩, リスルム・サリカリア
原産地
日本やユーラシア大陸、地中海
生活型
耐寒性多年草

コメント

エゾミソハギとは

エゾミソハギ(蝦夷禊萩、学名:Lythrum salicaria)は日本やユーラシア大陸、地中海原産でミソハギ科ミソハギ属の耐寒性多年草です。水辺の湿地でよく見られます。ミソハギ(禊萩)と似ていますが、エゾミソハギの方が草丈が高く、萼や花に短毛があります。茎の基部で、エゾミソハギの葉が茎を抱くのに対して、ミソハギは抱きません。萼片の間の付属片はエゾハギは直立するのに対し、ミゾハギは水平になります。 

一般名:エゾミソハギ(蝦夷禊萩)、学名:Lythrum salicaria(リスルム・サリカリア)、別名:Purple loosestrife、分類名:植物界被子植物真正双子葉類フトモモ目ミソハギ科ミソハギ属、原産地:日本やユーラシア大陸、地中海、分布:日本では北海道〜九州、環境:畑や路傍、生活型:多年草、草丈:150~180 cm、全草:短毛、葉形:広披針形、葉長:2~6 cm、葉序:十字対生で葉は基部では茎を抱く、葉柄:無し、萼:短毛あり、萼片の間の付属片:直立、花序形:穂状花序、花序高:20〜30 cm、開花期:7月~9月、花色:紅紫、花径:1.5 cm。

詳細情報

フトモモ
ミソハギ
ミソハギ
エゾミソハギ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
広披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
ピンク, 紫
開花時期
7月8月9月
高さ
150 ~ 180 [cm]
花径
1.5 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

オオオニバス_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
セッコウボク_img

ランダムな花

オジギソウ_img
ハナニラ_img
キバナコウリンタンポポ_img
イチジク_img
ツバキ オオニジ_img
ハマユウ_img
ダイコン_img
キロシスタ_img
ユキヤナギ_img
アズキ_img
ハマエノコロ_img
サラセニア・レウコフィラ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved