レッドパウダーパフ

  • レッドパウダーパフ_img_0

    レッドパウダーパフ @ 新宿御苑温室

  • レッドパウダーパフ_img_1

    レッドパウダーパフ @ 新宿御苑温室

  • レッドパウダーパフ_img_2

    レッドパウダーパフ @ 新宿御苑温室

  • レッドパウダーパフ_img_3

    レッドパウダーパフ @ 新宿御苑温室

基本情報

花名
レッドパウダーパフ
英名
Red powderpuff
学名
Calliandra haematocephala
別名
オオベニゴウカン, Calliandra, Red Powederpuff, カリアンドラ・ハエマトケファラ, Calliandra haematocephala, 紅合歓花, 大紅合歓, レッド・パウダーパフ
原産地
ボリビア、ペルー、ブラジル
生活型
熱帯性常緑低木

コメント

レッド・パウダーパフ(学名:Calliandra haematocephala)は、ボリビア、ペルー、ブラジル原産で、マメ科カリアンドラ属の熱帯性常緑低木です。赤い化粧パフのような半球形の花を咲かせます。花弁は無く、花のように見えるのは雄蕊の集合体です。
別名で、オオベニゴウカン(大紅合歓)や、ベニゴウカン(紅合歓花)、また、学名からカリアンドラ・ハエマトケファラとも呼ばれます。因みに、「合歓」とは「ねむ」のことです。
同科には、白花をさかせる、ホワイト・パウダーパフ(White Powederpuff、学名:Calliandra haematocephala Hassk,'Alba')があります。メキシコ原産で楕円形の葉を持ち赤花を咲かせるのは、エマルギナタ(Calliandra emarginata)です。
本花は、和名でヒネム(緋合歓)と呼ばれるカリアンドラ・エリオフィラ(Calliandra eriophylla)より樹高が高いです。
別科(フトモモ科)の植物ですが、オヒア・レフア('Ohi'a Lehua)は本花とよく似ています。

一般名:レッド パウダーパフ(Red Powederpuff) 、学名:Calliandra haematocephala(カリアンドラ・ハエマトケファラ)、別名:オオベニゴウカン(大紅合歓)、ベニゴウカ(紅合歓花)、カリアンドラ・ハエマトケファラ(Calliandra haematocephala)、アカバナブラシマメ(赤花ブラシ豆)、カリアンドラ(Calliandra) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科ベニゴウカン属(カリアンドラ属)、原産地:ボリビア、ペルー、ブラジル、樹高:3~5 m、葉序:互生、葉形:2回羽状複葉、小葉身長:1.5 cm、小葉形:楕円形で先尖る、花色:赤、開花期:12月〜5月、花序形:ドーム形~球形の頭状花序、花径:8~10 cm、果実:莢果。

詳細情報

マメ
マメ
ベニゴウカン
オオベニゴウカン
花言葉
歓喜 / Ode to joy ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室(亜)熱帯地域
開花時期
1月2月3月4月5月12月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
8 ~ 10

アクセスランキング(日別)

アツミゲシ_img
コケサンゴ_img
テマリソウ_img
ゼラニウム_img

ランダムな花

メガクリニウム ファルカタム・ジャングル ジェム_img
ベニゲンペイカズラ_img
カミガヤツリ _img
エビネ 赤の輝き_img
スクレランサス・バイフローラス_img
イワショウブ_img
バイモ_img
パッションフルーツ_img
オニシモツケ_img
チューリップ・ガブリエラ_img
ギシギシ_img
球根ベゴニア  'ピンクローズフォーム'_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved